印税生活って?『ひとり社長の経理の基本』重版の裏側

2014年4月に発売した『ひとり社長の経理の基本』がおかげさまで重版となった。
累計18,000部だ。
(決して多い部数ではないが、出版不況と言われる中、
この類の本ではそれなりに売れている方ではある。)



重版時には印税が入ってくる。

出版の仕事、印税のしくみについて解説し、印税生活が本当に可能なのか?
を考えてみた。

目次
・『ひとり社長の経理の基本』の販売実績と印税収入

・条件が出版社によって違う!印税のしくみの注意点

・出版という仕事を受けるか受けないかの判断

・印税で元がとれるのか


この続きをみるには

この続き:4,177文字

印税生活って?『ひとり社長の経理の基本』重版の裏側

井ノ上陽一

648円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

井ノ上陽一

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。