【GK論】ジュビロ磐田GK八田直樹選手が見せた確かなる「成長」と「進化」。しかし、それでも大きかったカミンスキーとの「差」。(+「1VS1」のベストな対応法)

★前回記事は!⇒『【FC東京サポーターへ!】「これを見ればACL上海上港戦が7.5倍、楽しくなる」方法!

前節のJ1・1stステージ第12節。G大阪VSジュビロ磐田。

磐田GK八田直樹選手が、久々のJ1、リーグ戦出場となりました。

「不動の守護神」カミンスキーの負傷によるものでしたが、個人的には「単なる運だけ」で巡ってきたチャンスだとは、全く感じませんでした。

八田選手は運だけではなく(もちろん運も重要です)、紛れもなく「己の力」でこのチャンスを掴みとった。僕はそう感じました。


なぜなら、八田選手は今季のナビスコ杯で素晴らしいプレーをし続けて、結果を出していたからです。

そのプレーには、明らかな「成長」と「進化」が見られました。


ポジショニング、重心、我慢、冷静さ…シュート前の「良い準備」から、鋭い反応で相手のチャンスをことごとく防ぐ。以前までなら「弾いていた」ような難しいボールも、見事に「キャッチ」しているシーンもありました。

そのプレーぶり、立ち姿、雰囲気…まるで、カミンスキーのようでした。

毎日、真横で共に練習する、「Jリーグ屈指のGK」カミンスキー。

この「最高のお手本」と共に練習する事で、また、試合中にベンチから間近でプレーを見る事で、ひょっとしたら八田選手は様々なモノをカミンスキーから吸収したのかもしれない…。

そう感じるほど、今季のナビスコ杯の八田選手のプレーからは「カミンスキー」のエッセンスが随所に見られたのです。


確かなる「成長」と「進化」を遂げた八田選手が、満を持して、久々のJ1のリーグ戦に臨む。


前節のJ1の全試合、全GKの中で、僕が「最も注目していたGK」は、紛れもなく、この八田選手でした。


果たして「成長」と「進化」を遂げた八田選手は、一体、どんなプレーを見せるのか…?

まるで自分の事のようにドキドキする中で、G大阪VSジュビロ磐田の試合がついにキックオフしました。


そして、迎えた、前半22分。

突如として、「大ピンチ」が訪れます。


八田選手が積み重ねてきた「成長」と「進化」を証明する時がきました。


G大阪・遠藤保仁選手に抜け出され、正面から八田選手との「1VS1」という絶望的な状況…。

磐田としては「失点」を覚悟せねばならないほどの大ピンチ。

しかし、八田選手が素晴らしいプレーでこれをスーパーセーブ!

遠藤選手がシュートを打つまでの0コンマ数秒の間に絶妙なタイミングで距離を縮めると、シュートに対して最後まで我慢して先に倒れず、ボールをよく見て、鋭い反応で右手1本で弾き出します!

「コロコロPK」で一世を風靡した遠藤選手は、PKと同じで流れの中からのシュートも、GKのポジショニングや重心を見て逆を突いて決めてくる選手。

もし八田選手の飛び出しが遅れていたり、重心がどちらかに偏っていたり、先に倒れていたりしたら、簡単にゴールを奪われていた事でしょう。

久々のJ1のリーグ戦の舞台で己の「成長」と「進化」を証明した、八田選手のスーパーセーブが、チームを失点の危機から救います。

このプレーを見た時、「久々のJ1のリーグ戦出場となった八田選手が、これまで長きに渡って己が積み重ねてきた『成長』と『進化』を証明してG大阪を無失点に抑えて、勝利を飾る。積み重ねてきた事が、ようやく報われる…」という「ハッピーエンド」になるのでは…と想像しました。

「今日は『八田選手の日』になるのかもしれない」という予感がしました。


が、残念ながら、試合はこのままでは終わりませんでした…。


皆さんもご存じのように、この試合、その後に磐田は2ゴールを奪われ、逆転負けを喫してしまいます。

2失点ともGKとの1対1に近い形でやられたもので、八田選手に「非」はありません。GKである八田選手が全く責められるような失点ではなかった事は、先に声を大にして述べておきます。


ただ…。それでも「カミンスキーなら」と感じさせられたのも、事実でした。

その「理由」とは…?

カミンスキーとの大きな「差」は、「△△」にあった。


そして、多くのGKを悩ませる、GKにとって対応が難しい「1VS1」に対する「ベストな対応」とは?「1VS1」の対応に悩むGKに、ぜひ見て参考にして頂けると幸いです。

GKに必要不可欠な「重要なノウハウ」を交えて徹底分析&解説します(これらのノウハウが含まれているため、一般の記事よりも少し割高になります)。


また、以前、大きな物議を醸した「日本代表の正GKは、なぜ、西川選手ではなく、川島選手なのか?」についても、改めて詳しく解説。


「絶対にブログでは書けない」情報、盛りだくさんでお届けます。


この続きをみるには

この続き:3,698文字

【GK論】ジュビロ磐田GK八田直樹選手が見せた確かなる「成長」と「進化」。しかし、それでも大きかったカミンスキーとの「差」。(+「1VS1」のベストな対応法)

山野陽嗣╱Yoji Yamano

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。