和煦の日の 焼ける線路に 桜舞い 父は最期も 私を責めず

父が危篤の中、私は大学の入学式に一人で出掛ける。

「一緒に行こうか。」と年上の彼が言ってくれたが、何だか不謹慎な気がして、断った。

それまで、もう10年くらい、父とは会話していなかったが、彼の電話を私に取り次ぐ度に、受話器も押さえず、父は彼の名字を呼び捨てにした。

入学式から帰ったら、父は亡くなっていて、私は気が楽になった。と同時に、彼と付き合っていくには、父親がいなくなった私なんて、価値の無い人間のような気持ちになった。

父とは最期らしい特別な会話はできず、父は黙って旅立った。ずっと空の上から、見ていてほしい、未だに何もできない私の事を。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

yokko

短歌や詩、エッセイを書いています。 親としての葛藤や反省、自分の親との関係、そして恋愛のこと等書いています。各賞に応募したものは、削除していきます。神戸在住。

恋うた

恋愛の短歌を詠んでいます。 各賞に応募したものは、削除していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。