「才能がない」と言われたことがある人のための短編小説の書き方

※ 1~2分で読めるエッセイです。

20代のころ、小説を書いていると言うと絡まれることがあった。

まず、よく絡んできたのはサラリーマン。
サラリーマンがからんでくるのは理解ができる。彼らは、どこかの組織に所属し、月給をもらう生き方以外は理解できない。理解できないからこそ、組織や月給に縛られない生き方を羨ましく思い、自分達の生き方を否定する存在として恐怖もし、そして憎んでいる。

それから、サラリーマンの次に多かったのは、意外かもしれないがライターだ。
どうしてライター達に絡まれたのかは未だに分からない。
正直に言うと、文章のスキルは上は文学から下は便所の落書きまで、ヒエラルキーがあると思っている。でも、それぞれの階層に専門性があり、面白さがあり、深さがあり、比較するものではないと思っているが、私が出会ったライター達はそう思っていなかったのかもしれない。

京都のバーで一人で飲んでいた時、ある女性が話しかけてきた。彼女は私よりも10歳ぐらい年上で、ある出版社でライターをしていると言った。

私は無邪気にも小説を書いていると言ってしまった。
そう言ってから、彼女の表情は険しくなり、それ以後の言葉の端々にはトゲがあった。とうとう彼女は、私の作品を読んだこともないのに、小説家にはなれないと断言した。まぁ、難しいでしょうと。それから「どっからか物語がやってくるんですか?精霊みたいに?ライターはそういう文章書けないないから~。不思議でね~。」とも言った。
私は「そういうこともあるし…あとは、こういう会話からなら、いくらでも短編を書けますよ」と言った。
彼女は私の言った意味が分かったらしく、ムッとっして、すぐに勘定をすませて出て行った。

京都のグルメ雑誌で働いていたライターさん。覚えていますか?
短編というほどのものではないですが、あなたとの会話を話にしました。

そういえばあの時、あなたに話さなかったことがあります。
私はこんな人達にむかって書いています。
まずは、私と心の共通領域が広い、未知の真の友人へ。
あとは、私が書いたものを決して読まない方達です。

あなたに届くといいなと思って書きました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつか、石碑で自作を出版したいのでご支援お願いします。

「スキ」だけじゃなく、他の作品も読んでゆっくりしていって下さいよ。
105

横紙やぶり

エッセイまとめ

エッセイをまとめたマガジンです
1つのマガジンに含まれています

コメント17件

エッセイの中から、相手を尊重することの大切さがひしひしと伝わって来ました・・・!読めてよかったです。
Chihiro15さん
昔のこと思い出して書いただけです。読んでくれてありがとうございます。
知らなかったです。ライターさんが小説家をそういう風に思うなんて。何が気に入らないんでしょうかね。それよりもバーで飲んでいて女性から話しかけられるみたいなシチュエーションに大人な空気を感じ、バーには最近初めてデビューした私からするとすごいなぁって思いました。。変なコメントしてすみません。
椿さん
色々と古い記事も読んで下さったようでありがとうございます。
あと、恐縮しなくていいですよ(笑)。私は取っ付き難い印象があるのかな…。

よく一人で飲みに行っていたんです。バーって、イメージほどハードル高くないんですよ。人にもよりますが、隣の席の方と話したり、小さい店ならその場にいる方とも話したりします。酒が入っているので絡まれることもありますが、慣れると退屈しなくていいですよ。

あと、私が会ったライターさんが嫌な方が多かっただけかもしれないし、あるいは私の態度が悪かったのかもしれません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。