街河ヒカリ

まちかわ ひかり/理系/社会学/映画/音楽/批評/評論/科学技術コミュニケーション/文理融合/かわいそうランキングを考える/マイノリティ/メールは hikarimachikawa2017アットジーメールドットコム
固定されたノート

『天気の子』考察批評評論まとめ

映画『天気の子』の考察・批評・評論で、重要なものを15件掲載します。特に戸谷洋志先生の「なぜ帆高は「僕たちは世界を変えてしまった」と2度言うのか──『天気の子』に...

10月5日放送のクレヨンしんちゃん「サイコロ電車だゾ」は、2016年に放送されたエピソードの再放送だったようです。脚本は川辺美奈子さん。かすかべ防衛隊の一人一人の個性が際立っていて良かった。最後にまつざか先生を励ましていた園児は誰だったんだ(笑)

今年の5月2日に公開した記事に加筆修正した。

論点をずらす人に反論する方法 https://note.mu/yokogao/n/nf655be3c19ac

「パンドラの箱」と「地獄の釜の蓋」を間違えないで。「地獄の釜の蓋も開く」の意味は「盆と正月の16日には地獄の鬼が釜の蓋を開けて休むから、この世の人も仕事を休もう」です。

なぜ「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」のか?
なぜ「嫌なやつをスカッと論破した話」がウケるのか?
先輩からいじめられた人はなぜ自分が先輩になると後輩をいじめるのか?
その人たちは自分を苦しめた敵に復讐したかったのにできなかったから、矛先を転じて「復讐にならない復讐」をしているのだろう。

昔は「インターネットください」と言った人がいたらしいし、言葉の元々の意味を伝えることは意外と難しいから油断できない。最近はゲノム編集が話題だから、そのうち「ゲノムを食べたくない」と言う人が現れるかもしれない。