見出し画像

揺ら揺らを許す旅路

春分の日ということで、夫のお墓へお参りに行ってきました。

最近グリーフについての投稿が続いていますが、それ程までにこのところは心身と、それよりさらに深い部分、いのちの根っこのようなところに大きな影響を受けております。

考えてみたら、お彼岸は春も秋も必ずと言っていいほど彼と一緒に彼の祖父母のお墓参りに行っていたので、この時期はそのことも思い出されて調子が落ちているのかもしれないなと思いました。

グリーフとは「大切な人やものを失う時に生まれてくる、その人なりの自然な反応・状態・プロセス」と、リヴオンでは定義しています。

彼を失ったことで、今まで一緒に行なっていたことがもう出来なくなる。

「機会を失う」こともまたグリーフであることを再確認しました。

それにしても、今回いろいろなことが重なっているということもあるのですが、グリーフの影響がこの数年ではかなり大きくて、そして長く続いています。

なので時間が経てば経つほど落ち着いたり、元気になったりするとは限らないということを、身をもって感じいっております。

「グリーフはプロセス」でもある。

違う言葉で表現すると、「旅路」と言えるのかもしれません。

ずーっと一定調子な道のりもあるかもしれませんが、ジグザグやアップダウンのある道のりだってあります。だから何年経っても、何十年も経っても涙したり、調子が落ちたりしてもいい。それは弱いことではなく、とても自然なことだから。

と書いておいて、何より私自身が早く元気になりたくて焦る気質なのですが、今はもうしばらく自分を許しながら揺ら揺ら歩む旅路をしてまいりたいと思います。

こちらで見届けていただけましたら幸いです。


【鍼灸の学校で使用する教材と道具を、入学&誕生日のお祝いとしていただくことが出来たら幸いです】 この春から鍼灸の学校へ通い、「鍼で日本の子ども・若者の生きづらさに携わる」ことに1日も早く従事するために、最短の3年で資格を取得したい!と思っています。 その理由や日々の様子はこちらに綴っております。 https://note.mu/yokomizu/n/nd3a40c2b5819 とは言え1人だとめげやすい性格のため、授業で使用する教材と道具を皆さんからのプレゼントとして受け取ることが出来たら、その応援の気持ちに応えよう!!とより一層熱心に学べるのではないかと考えました。 そして実は4月に誕生日を迎えますもので、図々しいかなと少しドキドキしつつも、初めてこのような形で誕生日プレゼントをリクエストするということに挑戦しています。もしよかったら、お祝いしていただけましたら嬉しいです。 - polca(ポルカ)"めっちゃ感謝して、教材と道具を大切に使わせていただきます!"を支援のおかえしとして受け取ることができます。polca.jp


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。