見出し画像

「愛し合うときにもっとローションを使おうよ」

惜しい!ローソンではないぞ、今回はローションの話だ。

ぼくたち日本人は「愛し合うときにもっとローションを使おうよ」という話だ。

今回も「皆のフォトギャラリー」から画像をお借りした。崇高な理念をもって画像提供された方には申し訳ない、この場を借りてお詫び申し上げます。

ギャラリー内ではさすがにローションのガチ画像は見当たらなかったし、露骨なのも避けたいと考えていたところ、目に飛び込んできたのがこれだ。

ティッシュはそういう行為を象徴するにはもってこいのアイテムだ…さらにこのモノクロ感がまたいい。脱線するとキリがないので話をすすめよう。

「ローションを使ったことがある人!手を挙げて!」

39人…

「ローションを使ったことがない人!」

51人…

「ローションがわからない人!」

10人…

~「全国の40代の男女100人に聞きました」~より

嘘ですよ。これはもちろん僕の妄想だが、こんな感じではないか?

「いや、お前全然わかってないよ」という方はコメントをください。というか教えて下さい。

今回のぼくはかなりリラックスして執筆をしている。なぜなら全国1,000万のローション愛好家達がバックについているからだ。

「お前たまにはいいこと言うね。」「ローション!ローション!」

「年取るとどうしても乾きやすくて…」「毎度おせわになってます。」

「Amazonで大容量のがコスパ最高!」

うんうん。今から僕が君たちの思いを代弁しよう。

今までローションを使ってこなかった方にその魅力を解説します。

ローションの魅力

1. 圧倒的な滑りのよさで肉体的な快感が高まる。(これが最大の魅力)そのため分泌量が減少してくるアラフォー以降の営みに非常に効果が高い。今回は特にこの年代以降の方に試していただきたいです。

2. 男女共にお互いの粘膜への摩擦によるダメージが軽減される。翌日オフィスで股が痛いということが減る。

3. ドン・キホーテなどでも1000円以下で購入できる。しかも500㎖ぐらいあると、使いかたにもよるけど1年近く持つコスパの良さ。迷ったら「ペペローション」というのが定番なので、それ一択でよい。

 ということでローションを使うことによるデメリットはぼくには見つからない。但し、未来のある若いカップルはお互いの自然な体の機能が優先されるべきだから、今からわざわざローションを使うのはやめた方がいい。ぼくもローションデビューは遅かった。40を過ぎてからだ。焦ることはない、中年の楽しみにとっておけばいい。

結論、

「愛し合うときにもっとローションを使おうよ」

最後まで読んでいただきありがとうございます。もしよかったら↓のサイトも覗いてみて下さい。女性には?の内容ですが、中年男子にはグッとくる内容になっています。またどこかでお会いしましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

くろかわ ゆうじ 主に男と女のあれこれを書いてます。ナンパを始めてから25年…いろいろありましたけど、街で声をかけて始まる人間関係が大好きです。わくわくすることが生きがいです。 「ナンパの出会いで生きてきた!」というブログ運営してます。覗いてみてください。

目にゴミが…、泣いてなんかいませんよ。*3種のパターンがあります(笑)
2

くろかわ ゆうじ

ナンパ成功率は9% くろかわ ゆうじ と申します。 「やっぱりこの世は男と女」 男と女のあれこれを書いてます。 18歳から25年間のナンパ人生…いろいろありましたけど、飽きないですね。 女性と幸せな時間を過ごすと人生はより味わい深いと思ってます。 恋愛に立ち向かう人に勇気を!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。