見出し画像

少数派になる勇気

わたしは昔から「あんた変わっとるね〜」と言われ続けてきた。

例えば、保育園の時は毎日「いや、邪魔やろ」というくらい大きめのリボンをつけて通園していたし、iPhoneだってまだ田舎では全然流行ってなかった初代の時から愛用していて、その時は「え〜変なの〜」と言われた。
財布も有名ブランドではなく、奇抜な色遣いが特徴的で一点物のマクロマウロが大好きだ。男性の趣味も変わっていると言われる。LDH系のイケてる男性よりものび太みたいなほんわか男子の方に魅力を感じる。
誰かと一緒の意見より自分だけが感じた意見をみんなに伝える時、なぜかゾクゾクする。
みんなと違うと言われることが私にとっては快感である。
人と違うっていう言葉は私にとっては褒め言葉なのだ。

お気づきかと思うが、端的に言って変人なのである。
そして、変人は変人に惹かれるのだ。

* * * * * * *

私なんて変人界ではまだまだあまちゃんで世の中には驚異的なド変人の方がたくさんいる。
最近惹かれた変人は、オリラジのあっちゃんキングコングの西野さんなど、勢いノリノリ系のまさしく今をときめくド変人方。
好きになったきっかけは、お二人ともに近畿大学のスピーチを聞いて。
お聞きした後は、私の中の変人の血が騒いだ。
カッコいい…

そして最近話題の次世代の変人sasukeくん!
(お〜私好みののび太的ほんわか系♡)

弱冠十五歳ながら様々な経歴を持ち、歌にダンスにドラムに作詞作曲に、もう訳がわからないくらい多彩な現役高校生

彼を見た時に思ったよね。
やりたいことをやるのに年齢も性別も環境も出身も関係ないんだと。
「やってみたい!」
その気持ちに素直に純粋に行動すれば、必ず次のステップに進めるってこと。

大切なのは多数派に入るとか少数派に入るって言うこと自体にあるんじゃなくて、自分の意見がたとえ少数派でも、賛同をもらえなくても声をあげるってことなんじゃないかな。

十人十色。自分の意見が相手と違って当たり前。

自分の意見を隠すのではなく、相手の意見を攻撃するのでもなく、お互いの意見を尊重しあう多種多様なWin-Winの世界になっていきますように。

てことで私もますます変人に磨きをかけるぞ〜♡


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

えっ!サポートしてくれると!? 世の中も捨てたもんじゃないね。ありがとうございます♡

わっしょ〜い!
4

みよ

名言note毎日更新中!小さな事からコツコツと♡
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。