ブロガーになって不労所得でウハウハ生きていけるかmanablogさんを読んで考えてみた

ブログを書いて生きていきたいなーと思ったことはありませんか。私はあるわけです。manablogさんのブログを読んで、どうすればなれるのか考えてみました。

結論としては、なれそうだけど大変そうです。manablogさんの記事は、すごく真摯に分かりやすく書かれています。書いてあるとおりにすれば上手くいくだろこれです。

やることは、検索に引っかかるようなキーワードを考えて、記事を書きます。その結果をSEO測定するツールを使って、SEOやライティングを含めた記事作成能力を上げていきます。これを正しく繰り返して、芽が出るのが1〜3年ぐらいの印象でした。

Twitterでの1日30ツイートもそうですが、例えば1000記事を書きましょうみたいな目標は、良くないです。正しいやり方をやって30ツイート・1000記事なわけです。ブログだと、SEO測定ツールで良い成績を出せる極限の努力を続けて1000記事書かないとダメそうです。

これ・・・大変じゃないですか・・・?

おそらくなんですが、私が今文章を書いているようにブログをやる事自体は簡単に参入できます。そのような環境で、勝つためには圧倒的な継続が必要になるのだと思います。

私はプログラミングも出来るので、プログラミング方面でスキルや実績を伸ばしたほうが楽なんじゃないかと思ってブログをガッツリやるのは止めました。

物事の成功には、参入障壁をどう超えるかという課題が常に付きまとうのだと思いました。ブログやYouTube・Twitterなら継続と工夫、プログラミングなら習得が難しいなどです。簡単に成功するという事は、そうそう無かったりするのでしょう。

それでも工夫すればするほど、楽になりますから楽になるための工夫こそが私達を救うんだと負います。

正しい努力を3年続けると成功出来る可能性があるブログには、とても救いがあるように思います。特にブログは、プログラミングと違って1日で成果を出せるのが良いです。プログラミングは、成果・・・つまりプログラムが完成して世の中に評価されるまでが長いです。間違った開発をすると、無です。とてもつらいです。

時間があって、生活コストが低い方にはブロガーはとてもおすすめできると思いました。学生さんに勧める方がいらっしゃるのはこれが理由でしょう。

最後にmanablogさんのブログはとてもわかり易くて、良い情報ばかりなので、もし取り組まれるのでしたら端から端まで読んで手を動かしてみましょう。リンクも再度ぺたっとな。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂けたらめっちゃ喜びます!

(•‾⌣‾•)
8

米本剛士

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。