【僕は時間をどのように使うべきか】


人生とはなにか。

人生とは単純に"時間"のこと。

ポイントは、それが無限ではなくて"有限"であるということ。

僕は、お金のことをあれこれ考えるよりもまず先に、時間の大切さ、貴重さに気づき、それを上手に使いこなすべきだと考える。
自分に必ずリターンがくるような時間の投資をするべき。

例えば、自分の1時間(60分)を使い、読書をしたとする。その1時間で自分は新しい知識や情報を得ることができる。頭に取り込んだ知識や情報が、やがて何かのチャンスを掴むキッカケになったり、問題を解くヒントになったりして、結果をだすことに繋がる。

自分の1時間を読書という時間に投資したことで、やがて結果が生まれて、大きな幸せや喜びをリターンとして受け取ることができるのだ。

では逆に、無駄な時間の使い方をしてしまうとどうだろうか。その1時間を何も思考せずに、ただボーっとゲームをしてみたり、テレビをボーっとみることに消費して使ってしまうとする。この使い方で何かリターンはあるのか。ほぼ、ないであろう。

もちろん、ゲームから得る人生のヒントもあるだろうし、テレビでも貴重な情報を得ることができる番組もある。
また、目標が将来プロゲーマーになることや、テレビタレントで自分が出演しているテレビを観て、結果を出すために研究をしているのなら話は別。
問題なのは、その人の目標や目的がそれとは全く関係ないことで時間を消費してしまうことと、脳みそを全く働かせないで、思考停止中状態をずっと続けてしまうことが大問題なのだ。
目的と手段がリンクしていない状態で、ただ時間を消費してしまっては、いつまでもたっても能力や才能は見つからないし、結果がでない。早く間違いに気づく必要がある。やり方を変える必要がある。だって、時間は有限なものだから。

時間の使い方の違いで、これほどまでにも結果が変わってしまうことが理解できただろう。

そして、僕が"プロサッカー選手になる"という夢を叶えることができたのも、当然サッカーの練習をたくさんしてきたからだ。
例えば、僕がサッカーの練習をしないで、有限である時間をゲームにずっと費やしていたら、夢は叶うはずはないし、叶える可能性も高くはならない。

**僕は、目的(夢や目標)に対しての時間の使い方が上手であったのだ。 **

ちゃんと時間を、その目的のために投資できていたのだ。

1日24時間で1年365日という絶対変わらない普遍的なルールがある限り、人はその与えられた時間の中で"自分の能力"を磨き、"才能の芽"を伸ばしていかないといけない。

そして、その時間で身につけた能力や才能を使って、はじめて、社会や人の役に立つような貢献をすることができるようになる。

また、自分の能力を使用した時間の、活動価値が高ければ高いほど、より多くの人から求められ、より多くのお金を引き寄せることができる。

結果、人生における選択肢が増えて、世のため人のためにもお金を使うことができる。自分の好きなことにも使えるし、家族をちゃんと守れるし、困っている人がいれば助ける余裕さえもできる。

いわゆる、これが世間で言われる"成功者"の姿なのだろう。

僕の平日1日のスケジュールは、だいたいこんな感じ。
↓↓↓

7時〜8時 : 起床、朝食 

8時半〜11時半 : 身体準備、チームトレーニング

 12時〜15時 : 昼食、身体のケア、自主トレ

 15時〜18時半 : フリー 

18時半〜20時 : 夕食 

20時〜23時 : フリー、就寝

このスケジュールから見えるように、フリーとなっている自由に使える時間をどのように使うかで、他者との差が生まれるんじゃないかと僕は考えている。
15時以降のフリータイムになるまでは、チームに所属する選手全員が、与えられたプロサッカー選手としての仕事時間だ。当たり前だが、練習しないと結果は出ない。
もちろん、その仕事時間以外での選手としての休養や睡眠、食事も非常に重要なのは言うまでもない。
そんなことは、誰もが分かってる。

だけども、15時以降から18時半までの3時間半、20時から23時までの3時間の合計6時間半を全部休養に当てるなんてもったいなくないか?時間ありすぎじゃないか?

身体を動かさずに、ゆっくり休養がとれるなら、他にその時間でやれることは何か。

それは、頭を働かせることである!!

その自由な時間でノートにサッカーの課題を書いて、思考を整理したり、何か新しく本や人などから情報をインプットして、その情報を編集し、SNSでアウトプットすることで誰かの役に立つこともできるし、知識を血肉化していくこともできる。

これらは、今の自分にできている行動だ。
現在やっている。

だから僕は、その時間でサッカーを軸にした、何か違う価値あることができるのではないかと考えている。
「自分の成長や誰かの成長、社会の貢献に繋がることができるんじゃないか。この使い方で大丈夫なのか」と、いつも自問自答してる。

プロサッカー選手は、ピッチでの結果や表現が全てなのは当たり前の話。応援してくれるファンやサポーターのために、J1に絶対に残留するという想いで激しくトレーニングをしている。
だけど、トレーニング後にやれることは、もっともっとあるだろうと考えている。サッカーのパフォーマンスアップのためにも、それ以外でもだ。なぜなら、時間があるからだ。24時間サッカーはしていない。

答えはなかなか見つからない。
だけども最近、見つけた気もする。

少しずつ形にしてアウトプットしていきたい。

【以下、自分へ向けたメッセージ】

「米田隼也、もっと行動を起こせるだろ?
余った時間をどう使ってるのか?

時間の経過と共に、ただ消費していくのか、無駄に浪費して歳を重ねていくのか?
それとも、社会や誰かの役に立つような生産性のある時間の使い方をするのか。
価値ある事をできるように能力を磨くのか。

これらは、全て自分で選ぶことができるんだよ。
自分次第でどうにでも変えられるんだよ。
周りがどうこうじゃない。現状維持は衰退の始まりだよ。

僕に足りないのは、確実にアクションだ。行動だ。経験値だ。

やれ自分。動け自分。動きながら修正すればいいじゃないか。
失敗からしか成功は生まれない。成功者たち全員が言っているだろ?

じゃあ、やれよ。今すぐに。

はい、やります。。」



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

64

米田隼也

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。