副業ライターが主婦やサラリーマンにおすすめの理由は?

副業ライターの仕事が主婦や会社勤めのサラリーマンにおすすめする理由があります。その一番の理由は「自分のペースで仕事をすることができる」という点です。

インターネットやスマートフォンが普及し、誰でもウェブサイトやブログが運営できる時代になりました。ここ数年で一気にウェブコンテンツ作成の需要が高まっています。それにより、企業や個人で作成するウェブコンテンツも外部に依頼することが多くなりました。

ライターという仕事は、空いている時間に自分のペースで作業することができます。なかなかまとまった時間が確保できない主婦や本業の仕事をしながら帰宅後や週末に副業をして収入を得たいと考えているサラリーマンにもうってつけの仕事なのです。

■ガチライターはやめとけ

ライターの仕事といっても幅広く、ライター一本で生計を立てている人やプロのライターからは副業ライターなど「ライターではない」と見られることもあります。「ライターを名乗るな」と言われるかもしれません。それでも、文章作成によって対価を頂く仕事ならば誰しもがライターを名乗ればいいと思います。

ただ、一つこれから副業としてライターの仕事をしようとしている人へ言いたいのは、「ガチライターはやめとけ」です。

ライター一本で生計を立てるのはそれなりのスキルが必要になります。文章力、表現力だけでなく、取材力が伴うこともあります。完全にライターのみで独立して生計を立てているような人を目指すのは相当な覚悟と勉強が必要です。

ライターの中でも一般目線のレビューや口コミ、文章作成が求められている仕事はたくさんあります。副業ライターとして空いている時間に作業して収入を得たいなら、そのような業務を手掛けるようにしましょう。

決して大金持ちになれるとは言いませんが、今の収入に加えて数万円の収入が増えればちょっぴりの贅沢ができるようになります。月に一度外食に出かける機会を増やしたり、子供の習い事を増やしたりすることもできます。

今回は空いている時間にできる仕事として、他の代表的な仕事と比較しながら副業ライターについて考えてみます。

■アフィリエイト

これだけインターネットが普及しても、アフィリエイトと聞くだけで「やばそう」「うさん臭そう」といったイメージを持つ人もいます。

アフィリエイトは商品やサービスを紹介し、それが成約されることによって得られる広告収入型の仕事です。いわば広告代理店のようなものです。

このアフィリエイトは取り組む人も多く、元手がほとんど必要ないので参入するハードルも低い業界です。しかし、アフィリエイトも一つのビジネスですので、報酬を得てそれ一本で生計を立てれる人はほんの一部です。

アフィリエイトは初心者でも始めることができますが、報酬を得るためには最低限の知識が必要です。また、サイトを構築して検索エンジンに評価されて上位表示されるまでに数カ月かかることが普通です。

また、アフィリエイトサイトを作り紹介記事をたくさん書いても、そこから売り上げがでないと収入はゼロのままです。つまり、取り組んでみたのはいいものの、報酬が得られずにやめていく、期待していた報酬額とはかけ離れていてやめていく、という人も珍しくないのです。

なぜそうなるのか?

脱落する人の多くは、勘違いして「アフィリエイトは簡単に稼げる」と思って始めた人に多い傾向です。

当然ながら、一定額の収入得るためにはそれなりの勉強が必要であったり、作業量が必要になります。たいした作業もせずに大きな対価が得られることはありません。これは、アフィリエイトやライターといった仕事に限らず、どの業界の仕事においても同様だと思います。

■ポイントサイトやアンケートモニター

ポイントサイトなどでアンケートに回答してその謝礼として報酬を受けられるといった仕事があります。これは特別なスキルは不要で、アンケートに回答するだけの簡単な仕事です。

逆に、誰でもできる仕事が故に、報酬も低く数を大量にこなさないとある程度の収益にならないことが多いです。時間の割に収益につながらないといった面があるので、初心者が初収入を得ると言う目的では始めやすいですが、継続した収入は期待できません。

■副業ライター

副業としてのライターの仕事ですが、冒頭で述べたようにウェブサイト作成への需要が高まっていることもあり、仕事案件は困ることのないくらい膨大にあります。

そして簡単なレビューや商品の口コミなどプロのライティングスキルを必要としない仕事もたくさんあるのです。一般の目線から見たレビュー記事を求めている案件も多く、一度要領をつかんでしまえばスラスラとこなすことができるといったメリットもあります。

また、「書く」ことを重ねることによってスキルが上達してくれば、様々な案件を引き受けることも可能になります。

副業ライターとして出されている案件には特別な資格が求められる事はほとんどありません。専門的な内容を求められる業務であれば資格が必要とされることもありますが、資格がなくても取り組める仕事はたくさんあります。

最低限のスキルとしては、Wordファイルやテキストファイルが扱えるなど、文章作成を行う上で最低限のことができれば問題ないでしょう。

タイピングが早いに越した事は無いですが、スピードを求められる事はありません。タイピングのスピードが早くなれば、1つの記事を完成させるのが早くなります。そうすれば実質的に記事単価を上げることにもつながるので、数をこなして慣れていくことが大切です。

■まとめ

副業ライターとしての仕事の大きなメリットは、パソコン1台あれば仕事ができてしまうということです。空いた時間に仕事ができ、今の収入に加えて収入源を確保することも可能です。

始めのうちは、ライターのみで生計を立てる事は難しくても、記事を書いていく中でライターとしての才能が開花することもあります。そうなれば、毎日決まった時間に会社に出社するサラリーマンではなく、自分で仕事をする時間を決めた自営業としての活動も可能です。

まずは、副業ライターとしての仕事が「自分に合っているのかどうか」「続けていくことができるのかどうか」を判断するためにも、小さな仕事を請け負ってみると良いと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このコンテンツに価値を感じ、楽しんでもらえたらお気持ちをサポートいただけると幸いです!リクエスト等がありましたらお気軽にメッセージください。

ありがとうございますっっっっ
11

よぴ【YOP】

主にメルマガとかブログとかサイトなど、ウェブコンテンツで生きている人です。結果や結論を知ることのできる媒体は多くとも、失敗やその過程に至るまではなかなか知ることができない。noteでは失敗も含めて過程もシェアします。https://twitter.com/prostyleeee

コメント2件

>サイトを構築して検索エンジンに評価され
アフィやってるけど検索エンジン拒否してます。
スパムの温床なので。
あと今どきの人検索エンジン使わないで、アプリでどうも見るらしく。
そうですよね。最近はアプリ内で完結することがほとんどですね^^;
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。