フィギュアスケート2018-2019 SP FS 使用曲5選 +1

GPファイナルのプログラムが終わった。紀平ちゃん、どんなメンタルしてるんだ?昨シーズンの不安定さはどこへ行ったんだ?アリーナ・ザギトワ(&マサル)のほうが(怪我の影響もあったのか)プレッシャーを感じていたように見えた。すごいわ、紀平ちゃん。GPファイナルの残る楽しみはEX(エキシビジョン)のリーザ(トゥクタミシェワ)。今シーズンの最優秀EX候補No.1は断然、リーザだもんね。

昨シーズンはオリンピックということもあって、熱に浮かれたようにフィギュアスケート絡みのネタを3つアップした。で、今シーズンも似たようなものを。シングル男女のSP(ショート)とFS(フリー)につかわれている楽曲で、気になった選手5人をピックアップ。ざっと見た感じ、短い時間のせいかFSよりSPのほうがインパクトのあるナンバーをつかっているような気がする。

ミハル・ブジェジナ

だれがシーズン前に、ミハル・ブジェジナがGPファイナルに残るなんて予想した?それより、名前の表記を統一してあげてよ。スポナビを始めとして、大半のメディアではブレジナだもんね。そんなミハルのSPで使用している曲が、今いろいろと話題になっているQueenだった。「Who Wants To Live Forever」は1986年にリリースされたアルバム『A Kind of Magic』に収録されている曲だ。Queenは叙情的だし、ダイナックな展開の曲が多いからフィギュアスケートとは相性がよろしいかと。おそらく、Queenに匹敵するバンドはMuseぐらいだろうな。同じくGPファイナルに進出したミハイル・コリヤダのSPがMuseの「I Belong To You」だった。

ボーヤン・ジン

いつまでも垢抜けないけれど、それなりに馴染んできた感のあるボーヤン・ジン。おそらく、2年前のシーズンで演じていたスパイダーマンの印象がずっと残っていくのだろう。wikiの写真も2017年の世界選手権でポーズをキメてる写真がつかわれている。今シーズンのSP使用曲は「While My Guitar Gently Weeps」。ビートルズの通称『ホワイトアルバム』に収録されている、ジョージ・ハリスンの最高傑作ともいえる超有名曲だ。しかも、ビートルズ・バージョンではなく、Peter Framptonの演奏!楽曲のセンスだけは最高なんだよな、ボーヤン。あとは一発屋(ジャンプを決めれば勝つけど、失敗すればドン底)から脱してくれたらいいのだけど。まあ、それらをひっくるめて愛おしい選手ではある。

セルゲイ・ボロノフ

ボロノフがFSに使用しているのがKALEO「Way Down We Go」。映画「LOGAN/ローガン」のテーマ曲だ。マーベル・コミック系って人気あるよね。セルゲイ・ボロノフは悲劇が似合う選手だ。これまで3回、オリンピック選考に落ちている。ソチではプルシェンコの特別措置に、平昌では確実と言われていたのにロシア選手権で表彰台に立てなかった。ボロノフは今年で31歳。さすがに次のオリンピックは厳しいかな……。イケメンなので悲劇がさらに似合うのだけどね。そんなことよりボロノフのFSを振り付けたのがデニス・テン。ボロノフのFSが彼の遺作になった。とても優雅で、とても繊細なプログラムだ。未だにデニス・テンがいないのが信じられないよ。

宮原知子

宮原知子のSPにつかわれているのが「Song for the Little Sparrow」。「小雀に捧げる曲」って邦題がつけられている。ピクッとしたのはアーティスト名だった。Patricia Kaas。フランスの歌手なんだけど、一時期、デビューアルバム『Mademoiselle chante...』(1988年)を聞きまくっていた。1曲目の「Mon mec à moi」がものすごくカッコよくて。フランスの音楽といえば、ジェーン・バーキンみたいにアンニュイでエロいという印象(かなりの偏見)があったのだけど、それを根底から覆してくれた。楽曲やアレンジはたしかにフランスっぽいが、とにかくボーカルがエモーショナル。「Song for the Little Sparrow」がインスト曲なのがとても残念だ。

エフゲニア・メドベージェワ

メドベージェワのSPにつかわれているのはNatalie Cole「Orange Colored Sky」。昨シーズンまではロシアの伝統ともいえる、ピアノ曲や映画音楽などを使用していた。それにくらべるとずいぶん明るい選曲だ。いきなり大人のステップへと踏み込んだ印象がある。成績は伴わなかったかもしれないけれど、ブライアン・オーサーとのカナダ生活が充実しているんだろう。個人的には昨シーズンまでのメドベージェワより今シーズンのほうがずっと好きだ。ロシアの女子選手はキャリアが短いなんてよく言われるけど、メドベージェワには息の長い選手になってほしいなと思っている。

そして、ラストの+1。

泣けてくる!なんて、まったく泣いている素振りすらないのにそんな表現をしていることが最近のふつうだったりするが、これは本当に泣けた。嘘偽りなく泣けた。

グレイシー・ゴールド

グレイシー・ゴールドが2期ぶりにGPシリーズへ帰ってきた。GPシリーズ第5戦ロステレコム杯のSP、グレイシー・ゴールドはAnnie Lennox姉御の「I Put A Spell On You」をバックに滑った。体調は(全盛期の)30%ぐらいとインタビューで語っていたようだけど、テレビに映った姿は10%にも満たないように感じられた。それでも、彼女は摂食障害や鬱、そんなさまざまな壁を乗り越えて氷上に立ったのだ。順位なんでどうでもいい。ただ、翌日のFSは棄権した。彼女のFSでつかわれるはずだった曲はSara Bareilles「She Used To Be Mine」。歌詞がグレイシー・ゴールドの今とリンクする。ここに訳詞を書くようなバカなことはしない。ぜひ、検索してみてほしい。歌詞を読んで、日本人のおっさんの胸が熱くなってしまったよ。

一流のアスリートは自らの限界に挑戦している。限界を目指している姿はとても清らかで強く、そして美しい。スポーツには結果がある。でも、結果がすべてではない。人間は不完全なものだからね。プレイ中の表情にそれぞれの選手が背負っている生き様が見え隠れする。そんな表情の移り変わりこそがスポーツ観戦の醍醐味だと思っている。

ところで、羽生くんは全日本をやはり欠場するのだろうか?全日本の男子FSのチケットが当たった!と歓喜の連絡をしてきた知り合いがいて、羽生くんが怪我をしてから以降、まったく返信がないのだけど。たぶん、抜け殻のように毎日を過ごしているのではないかと想像している。まったく、罪つくりな選手だわ。

----------

ちなみに以前に書いたネタはこれ。
●フィギュアスケート2017-2018 EX ボーカル曲5選
https://note.mu/yosh_kyoto_ash/n/ne0c0fde84c6c
●フィギュアスケート2017-2018 アイスダンス2強 テサモエとパパシゼのSD曲 +α
https://note.mu/yosh_kyoto_ash/n/n9e748f853287
●フィギュアスケート2017-2018 女子シングルのFS曲 +α +α
https://note.mu/yosh_kyoto_ash/n/nbefd388eef8f

#コラム #フィギュアスケート #ミハルブジェジナ #ボーヤンジン #セルゲイボロノフ #デニステン #宮原知子 #エフゲニアメドベージェワ #グレイシーゴールド #コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートがあればプリンを買います。少し金額が多ければリッチなプリンを買います。予想外の金額ならリッチなプリンを箱買いします。プリンが食べたいです。

ありがとーヾ(ΘェΘ) …♡♡♡♡♡
19

yosh.ash

文章と音楽。灰色の脳細胞です。京都生まれの京都育ち。自己紹介&ポートフォリオ(ライター) https://note.mu/yosh_kyoto_ash/n/n04bcedab00cf はこちら。連絡先 yoshikawa.ash@gmail.com

ざつぶん

音楽、小説、マンガ、映画、アニメ、など

コメント4件

紀平選手のことはテレビが注目する前から応援しているのですが、ニュースであまりにも紀平ばかり扱われるのがちょっとね。男子の宇野選手だって銀メダル獲ってるんですけど……。
すべては羽生くんのせいです。オリンピック連覇なんてやってしまうものだから。GPシリーズで表彰台にのぼるだけでも、かつてはすごかったのに。宇野くんの銀メダルもすごいし、女子なんて3人もファイナルに残っているのに。観ている側のハードルを一気に上げてしまいやがった…羽生くんのせいですw
確かに羽生選手のせいですね(笑)。世界最高得点なんて出しちゃって、それを自分でまた更新して。自分のモチベーションのためにさらなる大技に挑戦中。
以前はメダルなんて夢のまた夢だったのに……、となると彼の前に荒川選手のせい?
少し前までは世界選手権シングル男子が1枠しかなかった時代があったなんて、もう信じられませんよね。それが男女ともに3枠とか。荒川さんはトリノのFSでプログラムを変更したので認めてませんw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。