長編小説

7
ノート

第7章 寝ても覚めても

あの後ろ姿は忘れることがないだろう。 図書館から帰ってきた僕は、何度もあの後ろ姿を思い浮...

第6章 no book no life

私は大学生活にわくわくしていた。 多くの新入生がそう思うように。 ただ、私は少しだけ違っ...

第5章 恋に落ちる瞬間

2年前の春。僕は彼女と出逢った。 大学生になったから何かしたいなと、漠然とは考えていたけ...

第四章 ただの偶然か・・・

家に着いた時には、やはり夜になっていた。 それからは普段通り、絵の練習とミステリー三昧。...

第三章 あなたのことは必ず

月野から薦められた本を長時間読んだ僕は、一時限目が始まる頃に目が覚めた。 完全に寝坊して...

第二章 今日も日は昇る

あ、あの背中は... 20メートル後ろからでも、彼の背中は分かる。 身長は平均的だから、...

第一章 今日の月の形は

「あの、榊君はこのミステリーは好きですか?」 唐突に後ろから声をかけられた。始めはその問...