吉玉サキ

ライター・エッセイスト/著書『山小屋ガールの癒されない日々(平凡社)』http://urx2.nu/Vmkr 複数のwebメディアで執筆中/有料記事は知人に読まれたくないものであり、有益な情報とかじゃないです/お仕事のご相談はsaki.yoshidama@gmai.com
固定されたノート

cakesの連載が書籍化されること(無職だった1年前から今日までのこと)

タイトルの通りだけど、cakesで連載している『小屋ガール通信』が書籍化される。

タイトルは『山小屋ガールの癒されない日々』。平凡社より、6/19発売だ。

絶賛予約受付中! ぜひ、予約してください。

イラストは高橋由季さん、書籍デザインはアルビレオさんに担当していただいた。書影がすごく素敵で気に入っている。



ところで、1年前以上前から私のnoteを読んでくれている方はご存知だろうけど

もっとみる
ありがとうございます。今日のラッキーアイテムは水筒
184

ゲストハウスなんくる荘15 似てる人

あらすじ:那覇にあるゲストハウス・なんくる荘にやってきた26歳の未夏子。旅するように生きる彼女は、滞在日数を決めないままダラダラとなんくる荘に居つき、長期滞在者たちと打ち解けていく。ある日、地元にいる弟からLINEが届き、初恋の人の近況を知る。

前回まではこちらから読めます。



結局、ヒロキ君もアキバさんもジンさんもバイトだったため、モンちゃんの送別会はいつもの夜とたいして変わらなかった。

もっとみる
ありがとうございます。今日のラッキーアイテムはサングラス
12

6月19日、一年前と今

毎日、手帳にその日あったことを箇条書きで書いている。日記のようなものだ。

一年前の6月19日の欄には、こう書いてあった。

悪筆!!

それは置いといて、cakesクリエイターコンテスト入賞のお知らせメールを受け取ったのは、昨年の今日だったらしい。

まだ一年しか経ってないの!?
もう一年も経ったの!?

相反するふたつの気持ちを同時に抱く。

そして、一年後の今日。このコンテストがきっかけで連

もっとみる
ありがとうございます。今日のラッキーアイテムはポケットティシュ
85

少年Bさんと「ありがた申し訳ない」気持ち

1月に本が出ることが決まったとき、純粋に嬉しかった。

だけど、その日から少しずつ少しずつ、心に罪悪感と不安が積もっていった。

それは、「私なんかが本を出してしまっていいのか」という感情だ。

私は死んだ祖母譲りで運が強いのだけど、それにしても、こんな幸運に恵まれていいのか。cakesで連載できただけでもラッキーなのに、書籍化だなんて。

めちゃくちゃ光栄だけど、私はその機会にふさわしい人間なの

もっとみる
ありがとうございます。今日のラッキーアイテムはマスク
92

罪悪感でのたうちまわった

「note書いたんだけど、添削してもらっていいかな?」

夫に言われ、彼が初めて書いた下書き保存状態のnoteを読んでみた。

ビックリした。

……いいじゃん。

文章が素直で余計なものがない。素材の味そのもの、みたいな。

やや冗長で読みにくい表現はカットしたものの、基本的には手を加えなかった。



夫はSNSに疎い。昨年、noteとTwitterのアカウントを作った(私が作らせた)ものの

もっとみる
ありがとうございます。今日のラッキーアイテムは絆創膏
104