恋に落ちる予感を目撃した話

「人が恋に落ちる瞬間をはじめて見てしまった」

これは、漫画『ハチミツとクローバー』に出てくるフレーズだ。

私は、人が恋に落ちる瞬間を見たことはない。

だけど、「恋に落ちる予感」なら見たことがある。

◇◇◇

今回、Twitterでフォローしている方から「夏」というお題をいただいた。

ちなみにお題を出してくれたのはこの方です。


大人になってから、夏はだいたい山小屋にいる。

山小屋業界では、夏山シーズンは「最盛期」と呼ばれる。最盛期は、だいたい7月の海の日から9月の連休くらいまで。私のいた小屋は登山客が多く、最盛期はとにかく忙しい。

私には、夏の記憶があまりない。忙しすぎて記憶が飛んでいるのだ。

みんなは覚えているのに私だけ覚えてなくて、「記憶喪失なの?」と引かれることすらある。

だけど、私だけが覚えていることもあるのだ。

この続きをみるには

この続き:1,925文字

恋に落ちる予感を目撃した話

吉玉サキ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。サポートしていただいたお金は生活費の口座に入れます(夢のないことを言ってすみません)。でも、サポートじゃなくてもフォローやシェアだけでもめちゃくちゃ嬉しいです。お友達になってください。

ありがとうございます。今日のラッキーアイテムはポケットティシュ
113

吉玉サキ

ライター・エッセイスト/著書『山小屋ガールの癒されない日々(平凡社)』http://urx2.nu/Vmkr 複数のwebメディアで執筆中/有料記事は知人に読まれたくないものであり、有益な情報とかじゃないです/お仕事のご相談はsaki.yoshidama@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。