見出し画像

欲と「満たしたい順」の優先順位を自覚したい

先日、このnoteを読んだ。

note公式のおすすめにピックアップされなくて悲しい、だけど、ピックアップされることを目的に書くのはなんだか違う気がする。

そんな気持ちの揺れ動きが書かれていた。

ああ、わかるなぁ。私も、同じようなことを考えたことがある。


私は昨年の2月26日からnoteを毎日更新している。

きっかけは、作家のこだまさんの『ここは、おしまいの地』というエッセイ集を読んで「エッセイ書きたい欲」が燃え上がったからだ。

うおおおおーーーーー! こういうの書きたい!

というリビドーに突き動かされて書いた。

それがこれ。

もちろん、クオリティはこだまさんのエッセイに遠く及ばない。

公開した当時はフォロワーも3人くらいだったので(2017年に12記事くらい書いているのでゼロではなかった)、ほとんど読まれないし、「スキ」もつかなかった。

だけど、そんなことは気にならなかった。なんせリビドーなので、書いた時点で「書きたい欲」は満たされる。

こんこんと湧き上がってくる書きたい欲を処理するため、毎日noteを書いていた。

しかし、そのうちだんだんと「読まれたい欲」が湧き上がってきた。

「書きたい欲」は自分で満たせるが、「読まれたい欲」は自分では満たせない。読んでくれる人がいて初めて、満たされる。

「note公式にピックアップされたい欲」ともなれば、その欲が満たされるかどうかは、ピックする人次第だ。

ここで、「自分の書きたいことを書きたい」というwantと、「公式におすすめされたい」というwantの葛藤が生じる。

ふたつのwantは相反するものではない。心の中に同時に存在してもおかしくない欲求だ。

というか、ぶっちゃけ「自分の書きたいことを書いて、それがピックされる」のが理想。

だけどその理想が叶わないなら、どっちのwantを優先させたいのか、天秤にかけて自分に問う必要がある。

サカエさんは、こう書いている。

じゃあ、狙って書く?
と自問自答すると、「それは違う」だった。
そこが目標ではない。公式でオススメされたいから書いているわけじゃない。そう思うと、モヤモヤがスッと消えていった。

彼女は自分に問いかけた。すると、彼女の天秤は「書きたいことを淡々と書き続けたい」という気持ちに傾いた。

そうそう、自分の欲を知ることって大切だよね。複数の欲を同時に抱いているときは、「満たしたい順」の優先順位を知ることも。

何を優先させたいかは人それぞれだ。

サカエさんとは反対に、「私は公式にピックされることを優先させたい!」と思う人もいるだろう。それなら、「じゃあどうしたら公式にピックされるか?」を考え、実践すればいい。そのための方法論を書いてくれている人もたくさんいる。

ちなみに私は、お題企画にすべて投稿していた。当時は「#コンテンツ会議」が毎週だったので、頻繁に投稿しているうちにピックされるようになた。ご参考までに。


進む方向を決めるには、自分の心に「どこに進みたい?」と問いかける必要がある。

その問いかけをしないままに歩き続けると、モヤモヤして疲れたり、立ち止まったときに誰かのせいにしてしまう。

それに、欲の優先順位はそのときによって変わる。

私も「俺の話を聞け(5分だけでもいい)」という剣さんスピリットで衝動的に書く日もあれば、特定の人に届けたくて書く日もあるし、「本を宣伝したい」という気持ちで書く日もある。

私が気分屋だからかもしれないけど、欲ってそういうもんじゃないだろうか。

今は「書きたいことを淡々と書き続けたい」という気持ちが大きいサカエさんも、日によって「いや、それよりもおすすめ入りを狙って書きたい!」と思うかもしれない。

そんなときはどうか、自分の欲に従ってほしい。

あなたが優先した欲を、私は尊重したい。





書籍もよろしくね!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。サポートしていただいたお金は生活費の口座に入れます(夢のないことを言ってすみません)。サポートじゃなくてもフォローやシェアだけでもめちゃくちゃ嬉しいです。

ありがとうございます。今日のラッキーアイテムは折りたたみ傘
95

吉玉サキ

ライター・エッセイスト/著書『山小屋ガールの癒されない日々(平凡社)』http://urx2.nu/Vmkr webメディア・雑誌で執筆中/有料記事は知人に読まれたくないだけで有益な情報とかじゃないです/お仕事のご相談はsaki.yoshidama@gmail.com

一般noteユーザーが集めるnoteマガジン

noteの素敵さや可能性を集めています!共同運営なので、興味のある方は招待します!どんどんnoteに関する記事を集めましょう!
2つ のマガジンに含まれています