見出し画像

調子が悪いときほど「アドバイスしたい欲」が高まる

よく「女性の悩み相談に対して、具体的な解決策を提示すると怒られる。なぜなら、女性はアドバイスより共感を求めているからだ」という言説を耳にする。

けれど、本当にそうだろうか?

私は本当に困っているとき、ただ「そうだね、大変だね」と言われるのと有益なアドバイスであれば、後者のほうが嬉しい。

ただし、ここに注意点があって。

どんなアドバイスでもいいわけじゃなく、そのアドバイスが本当に有益なものである場合に限るのだ。

つまり、嬉しい順にランキング付けするならこんな感じ。

1位・有益なアドバイス
2位・共感



ワースト1位・無益なアドバイス

女性にアドバイスをしたら機嫌を損ねられた場合、相手が「アドバイスより共感を求めていたから」という可能性はもちろんある。

けれど、「有益なアドバイスを期待してたのに、無益なアドバイスをされたから」ということもありえると思う。

私は(性別問わず)人から相談されることが多いけど、だいたい、アドバイスをしない。

それは、「相手が共感を求めているから」ではない。

私ができるアドバイスなんて無益だろう、と思うからだ。

けれど、私も若い頃は友達に対して「求められてもいない無益なアドバイス」をしてしまうことがあった。

今思うと本当に恥ずかしい。別に、自分のアドバイスを有益だとカン違いしていたわけではないけど、「アドバイスに有益なものと無益なものがある」という大前提に思い至ってなかったのだ。

当時は、何も考えず思うままにポンポンと口に出していた。思慮が浅く、「思う」と「言う」の区別がついていない人間。クソリプする人も、きっとそうなのだろう。

大人になって少しはものごとを思考するようになり、アドバイスは口に出す前に慎むようになった(もちろん、アドバイスを求められた場合は別)。

自分のアドバイスは相手にとって無益かもしれないのに、なぜみんな、アドバイスをしてしまうのか。

それは、誰の心の中にも本能的に「アドバイスしたい欲」があるからかもしれない。

私が自分の中の「アドバイスしたい欲」を自覚したのは数年前の春。

そのとき、私たち夫婦は生き方を少し路線変更した。すると、「求めてもいない無益なアドバイスをしてくる人」がわらわらと湧いてきた。

幸いなことに、私の周りは「そんなのうまくいかないよ」「やめときな」といったネガティブ系アドバイザーはいなかった。

だけど、「応援してるよ!」と言いながら「ああしたら? こうしたら?」とトンチンカンなアドバイスをしてくる、おせっかい系アドバイザーはけっこういた。

おせっかい系アドバイザーは、私たち夫婦に好意的だ。善意のアドバイスだから無下にしにくい。けれど、どうにもトンチンカンで無益としか言いようがない。

当時の私は、これらの無益なアドバイスに辟易していた。

ネットスラングで、何かにつけて「不謹慎だ!」と騒ぎ立てる人のことを「不謹慎厨」と呼ぶけど、私はアドバイスをしたがりの人たちを内心で「アドバイス厨」と呼んでいた。

観察していると、アドバイス厨の人たちは総じて友達が少ない。少数の友達と密な関係を築いている……というわけでもなく、コミュニティの中で孤立しがちな人ばかりだった。

アドバイス厨だから孤立してしまうのか、孤立によって(コミュニケーションはかりたい一心で)アドバイス厨になったのか。鶏が先か卵が先か、みたいな話だ。

あと、仕事や家庭がうまくいっていない人が多く、「自己啓発にハマりがち」という共通点もあった。

それで我が身を振り返って気づいたのだけど、私自身も、うまくいってないときほど他人にアドバイスしたくなる(しないけど)。

もしかして、人はうまくいってないときに「アドバイスしたい欲」が高まるのでは……?

無意識のうちに、他人を救うことで人から必要とされたい(=自分を救いたい)と思うのかもしれない。

その後、自分の気持ちを注意深く観察してみた。

するとやっぱり、人に対してアドバイスをしたくなるとき、私はだいたいメンタルの調子が悪い。

メンタルの調子がいいときは、黙って相手の話を聞くことができるのに、メンタルの調子が悪いときは「それはさぁ……」と口出ししたくなる。

それに気づいてから、アドバイスしたい欲を自覚したら、「おっとあぶない。まずは自分を救おう」と思うようになった。人の振り見て我が振り直せだ。

「自分のアドバイスは相手にとって無益かもしれない」という前提は、誰もが持っていたほうがいいと思う。

「無益だろうが言いたくなっちゃうんだもん!」という人もいるけど、そういう人はせめて「自分はアドバイスしたい欲に抗えない人間だ」ということに自覚的でいたほうがいいんじゃないか。欲を制御できないって、人として重大なことだろう。

「自分のアドバイスは有益だから絶対相手のためになる!」と信じている人は……悪いとは言わないけど、私ならそっと距離を置こうと思う。





あと3分なにか読みたい気分の方はこちらをどうぞ。

花見の季節だからお酒のみたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。サポートしていただいたお金は生活費の口座に入れます(夢のないことを言ってすみません)。サポートじゃなくてもフォローやシェアだけでもめちゃくちゃ嬉しいです。

ありがとうございます。今日のラッキーアイテムはポケットティシュ
109

吉玉サキ

ライター・エッセイスト/著書『山小屋ガールの癒されない日々(平凡社)』http://urx2.nu/Vmkr webメディア・雑誌で執筆中/有料記事は知人に読まれたくないだけで有益な情報とかじゃないです/お仕事のご相談はsaki.yoshidama@gmail.com

人類が少し進化する記事

紹介したい記事
1つ のマガジンに含まれています