見出し画像

めんどくさいを無くす方法

やらなきゃ!とわかっていても動けないってことがあると思います。人間誰しもがそうだと思います。僕もそうです。
というわけで、この悩みを自分なりに突破した方法を語ろうと思います。
一言でいいますと。
「それをしてどう自分にメリットがあるかを明確に増やせ」です。

長尾は朝起きて
瞑想

ヨガ

シャワー

ランニング(予定が空いてたら)
というルーティーンは崩しません。

ランニングを週3ぐらいはしてるのですが、なぜランニングをやめないか。本当はランニングめんどくさいですよ。
でもですね、メリットを明確に増やせばランニングしようというモチベーションが上がってきます。

①太らない
年齢を重ねるたびに肉がつきやすくなってきてます。その現実から目を背けず、カッコいい自分でいたい。

②体力がつく
何歳になってもボクシングで負けたくない。そして歳のせいにして情けない言い訳をしてる男になりたくないという意思がある

③成功者はランニングしている人が多い
YouTubeとかいろんな本をたくさん読んでるんですが、共通点を洗い出し、自分が成功者になれるかどうかはわからないけど、出来ることは全部実践すると決めています。なのでとりあえずマネです。マネをするのです。

④理想の体の人がランニングしてるから
誰かは秘密ですが、僕より年上なのにカッコいい体してる方がいるんです。その人が走ってるし、ウエイトトレーニングもガンガンするから。
とりあえず長尾はウエイトはしてるんで、しっかりこれからも走ると思います。

⑤ボクシングでの下半身強化とステップワークの維持
ボクシングは走らないと話にならないっす笑
というか誰にも負けたくないという意思が強い方はランニング必須です。走ってない人で強い人を見たことがない笑

⑥健康
走りは心肺機能をアップさせ体の循環を促進する。呼吸とか運動量がベストマッチングって感じです。動かない人より健康率は高いはずです。

⑦いつかトライアスロンに出たい
いつになるかわからないですが、ちょーやる気になった時にトライします。逃げてるわけじゃないんです。今はそこに時間を避けないということです。
舐めてるわけじゃないのでたっぷり時間を割いて準備したいと思っています。
というわけで、よっしゃトライしようと思った時に0からのスタートは正直しんどいです笑
なので最低ラインの体力はいつも維持しておきたいのでランニングをしています。

⑧マラソン大会にエントリーをする
マラソンのいいところは敵に勝つのではなく、じぶんに勝つというのが醍醐味です。マラソンランナーは経営者の人も少なくありません。ちょっと背伸びして目指してみる。それで達成できたらめっちゃ嬉しいんです。仕事もそんなことの繰り返しじゃないかなと僕自身思っているので、マラソンは仕事と似ている。
マラソンの何が楽しいの?という質問は楽しいんじゃなくて
たくさんの声援の中で自分の限界に挑む
そうすると心の底から感謝の気持ちが湧いてきます。
僕の恩師が言ってました。
努力と感謝は=だと。
自分の限界に挑んだ時に周りの人に感謝することが僕自身ボクシングで最初に学びました。なぜなら僕は誰よりも努力した自信があるからです。

マジがんばったと言えども、去年の松江城マラソンで目標タイムから3分遅れてゴールしちゃいました。これが仕事でも表れてるのかなと思うとゾッとします。
全力では生きてるんですが、結果は3分遅れです。これが現実というやつですね。
なわけで今年の松江城マラソンリベンジします!
3時間40分以内にゴールする。

そして相方を買ったぜ
ナイキのヴェイパーを!
クッション性がやばい。値段がやばい。
でも君に決めた!よろしくね、ヴェイパーちゃん♡

といった具合にやったらどういいことがあるかを明確にします。

言っておくけど、どういいことあるかなんてすぐに見つかりませんよ?すぐ答えでないと諦める人多いし、問題処理能力早くない人に限ってすぐ答えを求めようとします笑

大切なのは
・自分と向き合う(現実から目を背けない)
・諦めない
じゃないかなと思っています。

#自己実現 #夢 #野望 #カッコよく #カッコ良くなりたい #カッコ良く生きたい #成長 #成長したい #素敵になりたい #素敵になる #素敵な女性 #カッコいい男

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Yoshihiro Nagao

元全日本アマチュアボクシング社会人選手権チャンピオンワンバランスボクシングジム経営詩人書道家・ながおよしひろじぶんのしたことでより多くの方に喜んでいただきたい。じぶんが納得する人生にする。じぶんにウソはつく人生にしない。生きる上で“カッコよく”は一生のテーマ

カッコよく生きるマインド構成本

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。