わたしは、植物男子ベランダーになりたい。

私はここ一年ほどで、理想とする生活のモデルを見つけた。

それは、「植物男子ベランダーのような生活」である。


植物男子ベランダーとは、NHK BSで2014年に放送されたテレビドラマ。

田口トモロヲ演じる主人公「ベランダー」は、都会のマンションのベランダで、好き勝手に植物を育てるバツイチの中年男だ。

毎日、昼から缶ビール片手にベランダの植物を観察し、花が咲いたり根が枯れたりすることに一人で一喜一憂する、その滑稽さが面白い。

行きつけの花屋での、片想い中の店員との報われないやりとりや、個性的な植物仲間との会話もコミカルで笑える。


なぜ私が植物男子ベランダーを理想としているか。

それは、昼からビールを飲んだり、ふらっと花屋に出掛けたりと、そうとう自由な生活を送っているからに他ならない。


誤解を与えそうだが、ベランダーはニートではない。

職業はフリーライターだ。

ドラマ内で、自宅でパソコンに向かって仕事をしている場面や、出張でインタビュー取材に出掛ける話もある。

友達のように仲のいい編集者もいて、ライターとしては一目置かれた存在のようだ。

ベランダーは、ライターとしてしっかり“食べて”いける収入を得ている。

それどころか、気になった植物は値段を気にせず即購入してしまうし、冷蔵庫に缶ビールのみということは、ほぼ外食で済ませているのだろう。

都内のマンションで、なかなか良い暮らしぶりではないか。


考えれば考えるほど、わたしの目標とするところはベランダーなんじゃね?と思えてきた。

仕事をする時間を自由に決められて、プライベートが充実しているなんて、魅力的すぎる。

私はべつに昼からビールを飲みたいわけでもなく(たまにはいいけどね)、ベランダで植物を育てたいわけではない。

でも、ベランダーのように、仕事の時間を自分で決められて植物に全力を注げる生活はいい。

私に置き換えて考えると、晴れた日を狙って登山やキャンプができるし、平日開催のサッカーの試合だってスタジアムで観られるわけだ。

なにより、早起きが絶望的に嫌いなので、朝のストレスがなくなる。


ものすごく安直で単純な私は、Webライターをしている少し先の自分の理想像をベランダーに重ね合わせた。

未来志向タイプの私は、イメージがはっきりするほどモチベーションが上がる。

ドラマの中の、好き勝手に植物を育てるバツイチの中年男の生活。

それを理想像として、私はライターとブログを続けていくことにしてみよう。



やっぱり私は、植物男子ベランダーになりたい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

吉井七実@あいづの山のぼりライター

うしとかえるをオトモに山登りする人。 福島県会津若松市在住のブロガー&WEBライターです。 2019/5/7 note開始!日記っぽいことを書きます。 ブログ https://muccarana.com/ Twitter @dvanchangos
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。