東大を出たけれど108「ラス半コール」

「近くまで来たもので――」
 会社員のKさんが店に顔を出したのは、2、3年振りではなかったろうか。
 元気だったかぁ、と常連たちが暖かく迎える。口数も少なく大人しいKさんだが、懐かしい顔ぶれに思わず表情が緩んだ。
 昔は、会社帰りに週に何度も足を運んでくれていた。常連たちに引きずられてラス半コールを言えぬまま、徹夜で出社することも多かった。無論それは本人が断りにくい性格のせいでもあるのだが、やはり麻雀好きのKさん自身も、なかなか卓から抜けたくなかったのだと思う。

この続きをみるには

この続き:1,582文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
漫画化したものもそうでないものもあります。 単行本に掲載されたのも40話くらいでしたので、 ここでしか読めない話がたくさんあります。

近代麻雀で連載していたコラム「東大を出たけれど」です。 漫画化と実写化もされました。 東大を出て麻雀店従業員になった著者の、 当時の麻...

または、記事単体で購入する

東大を出たけれど108「ラス半コール」

須田良規

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ヽ( T∇T)/ 囗囗囗圈圈圈東東東南南南北北 字一色
6

須田良規

近代麻雀掲載「東大を出たけれど」有料版

近代麻雀で連載していたコラム「東大を出たけれど」です。 漫画化と実写化もされました。 東大を出て麻雀店従業員になった著者の、 当時の麻雀店での出来事、出会った牌姿などについて書いています。 こちらの有料版は、 第9話から最終108話まで、全100話あります。

コメント1件

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
雀荘メンバーの境遇も今はずいぶん変わってきまして、比較的住みやすい世界になりましたね。
それでもこういう色んなお客さんとのドラマは今も確かにあって、共感していただける方もいらっしゃるかと思います。
雀荘を愛する全ての方に読んで楽しんでもらえると嬉しいですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。