見出し画像

野村沙知代さんと「振り子の理論」

「あのおっさんは、いいところも悪いところもたくさんあるから、いろんなことを学べばいい」

かつてこう話していたのは、プロ野球史上最高のサウスポーであり、「江夏の21球」でもおなじみの江夏豊さん。そして江夏さんがこれを話していた相手は、楽天イーグルスに入団したばかりの「マー君」こと田中将大投手だった。

……で、江夏さんの言葉に出てくる「おっさん」が誰かというと、当時楽天イーグルスの監督だった野村克也さん(ノムさん)のことだ。このときに江夏さんが話していることは、ビートたけしさんが言うところの「振り子の理論」に近いと思う。

振り子が±0の所にあり+(プラス)に“暴力”、-(マイナス)に“愛”があるとしたら、+10の暴力は10の愛になるポテンシャルエネルギーがある

いいところが10あれば、悪いところも10ある。100なら100、1000なら1000……と、振り幅に合わせていい部分も悪い部分も大きくなる。それを江夏さんはノムさんのこととしてマー君に話していたけれど、先日亡くなったノムさんの奥様・野村沙知代さんもそんな人だったんじゃないかと思う。

あのミッチーサッチー騒動が起こっていた頃、私が働いていた店にやってきたお客様が、こんなことを言っていた。

「私、サッチーってすごいと思うの。だって、あれだけテレビで悪口を言われたら、普通の人だったら外に出てこられないでしょ。でも、サッチーは堂々と出てきてるじゃない? しかも弁解もしないし、お情けも求めてないもの」

確かにそうだな、と思った。いろんな人から悪口を言われまくっていたのに、沙知代さんは怯んでなんかいなかった。言い訳もしていなかった。「みんなが言ってることは確かに事実よ。でも、それの何が悪いの?」って感じで。

当時、新卒で入社した会社で露骨ないじめに遭い、退職したばかりで落ち込み気味だった私には、あの堂々とした(しかもかなり図々しい)沙知代さんの姿が「すげぇ人」というイメージとしてこびりついた。そして、「どうしてあんなにいじめられたんだろう」と悩んでいた気持ちが、「いじめられても、堂々としてていいんだよな」とふわっと軽くなったのを覚えている。

いま考えると、沙知代さんは端から「人に好かれよう」という気持ちをもっていない人だったんだろう。だから平気で人に迷惑をかけて、それを何とも思ってなかったのかもしれない。そして、周りから「あなたのここが悪い」「お前は最低だ」などと言われても、反省や委縮なんてするはずもなく、ケロッとした表情で「金持ち喧嘩せず」という言葉を口にできていたんだと思う。

人に好かれようと思わない代わりに、人には迷惑をかける――なんだかとんでもない「振り子の理論」だけど、そんな彼女の姿に救われた人もいるんじゃないだろうか。あのときの私のように。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

三浦 由子

フリー編集者・ライター/高2でADHDで言語能力低めの息子がいます/現在乳がん(ステージI・トリポジ)の治療準備中

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。

コメント1件

野村沙知代さんはアメリカ人の男性とご結婚なさっていた経歴もあるので、お年の割には考え方がちょっとグローバルというか、アメリカナイズの駆け出しだったんじゃないんでしょうかね。
日本人は人のこと、人の目を気にしすぎますが、アメリカ人ていうのは、自分は自分、人は人なんですよ。
ですから、他人に何を言われようが関係ない(別に他人だって自分のことを、自分が思っているほど考えてはいないんですけどね)と言うスタンスなんだと思いますよ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。