よしのあ

イギリス・ヨークシャーに在住。イギリス生活、主に家事関連の情報をまとめています。

改築と埃と後悔

写真はこちらから。

さて。私は今、猛烈に後悔している。もう、普通ではないくらいに後悔している。題名にある通り、改築中の家の埃のせいである。これについては、多分、知っている人が聞いたら、「おいおい」というくらい基本的なミスを犯してしまったので、書くのも恥ずかしいくらいなんだけれど、ひょっとしたら私と同じようなボケをやらかす人もいるかもしれないので、恥をしのんで書いておく。

さて。イギリスにきてか

もっとみる

家事動線とすすぎ

これは結構有名な話だけれど、イギリス人にはかなりの割合で食器を洗った後、すすがない人がいる。洗い方そのものも日本とは違っていて、たとえば日本だと「スポンジに洗剤をつけて洗い→お湯、ないしは水ですすぐ」のが普通の手順だと思うのだけれど、こちらでは基本的に「流しにお湯をためて洗剤を入れてその中で洗い→布巾で磨くように拭く、ないしは洗い物カゴで干す」が食器洗いの流れだ。

もちろん、それが機能するにはコ

もっとみる

クリスマスが来る

10月も半ばのこの時期になると、だんだん頭の中のスペースを占領し始めるのが、クリスマスの準備だ。

日本にいると「え?もう?」という感じかもしれないけれど、実は9月の終わり頃からそろそろクリスマスの準備は始めている。

単純な話で、プレゼントをあげる文化のあるこの国では、クリスマスは早めに準備をしないととてつもなくお金のかかる行事になり得るからだ。(そして、冬の賞与なんていうものもないお国柄だから

もっとみる

子供の誕生日

誕生日が、当の本人にとってクリスマス並みの大事だ、というのは本当で、前回誕生会の話をしたときにすっかり書くのを忘れていたけれど、イギリスには「誕生日を迎えた子供が、小学校の同級生のためにお菓子を持っていく」風習もあるのだった。

クラスの子供全員が食べられそうな(アレルギーの危険性のない)お菓子を、全員分買って持って行き、朝、先生に渡すと、帰る前に配られる、という仕組みで、これもまた(当然のことな

もっとみる

子供のおつきあい−先生へのプレゼント

こちらも日本ではあまり馴染みのない風習だからおそらくちょっと戸惑うと思う。学期の終わりや、年度の終わりに担任の先生へプレゼントを贈るという風習がある。

もちろん強制ではない。おそらく中学に行くとそれほどやらなくなるのではないかと思うけれど、とにかく小学校では、贈る家庭が多い。

そう、イギリス人はプレゼントを贈り合うのが大好きだ。昔『ホビットの冒険』を読んでいて「ホビットはプレゼントを交換するの

もっとみる

日本では一般的ではないけれど便利なモノたち-Soda Crystals

さて、重曹やクエン酸が、簡単に見当たらなくても、イギリスにはイギリスで伝統的に掃除に使われている薬剤はある。

すごーく、乱暴に言ってしまえば、クエン酸のやっている仕事のほとんどはWhite vinegarが受け持っているし、重曹のやっている仕事(油汚れをきれいにする他、全般的な汚れ落とし)は、実はSoda crystalsがやってくれる、と考えてまずいいんじゃないかと思う。

いろいろな種類の洗

もっとみる