購入したの

16
ノート

「一人の恋人と付き合う」という概念をなくして、常識に従わない恋愛をしてわかった3つの変化

先日こんなnoteを書きました。

>>わたしが「一人の恋人と付き合う」という行為をやめた理由。

有料にもかかわらず500人以上の方に読んでいただいて、嬉しいことにたくさん感想もいただきました。

端的にいえば「たった一人の恋人(伴侶)だけと一生寄り添うという行為は(現時点では)わたしには向いていない」という趣旨なんですが、現在の日本の恋愛スタイルとは全く異質な考え方だと思うので批判を覚悟してい

もっとみる
ウワァァァアーーーーーーーーーーイ!!!!!!!
61

なぜ”自責”が重要なのか

こんにちは、ハヤカワ五味です。

私は今年3月に大学を卒業したので新卒の代なのですが、周りの話を聞いていたり、スタッフの話を聞いていたりして「新卒の多くは他責思考なのでは?」と感じました。私の場合は、学生時代に突然1人でブランド運営をするハメになり、どんな酷い失敗をしたとしても自分の責任にしなければいけない環境だったので勝手に自責思考が育まれましたが、そんな状況でもない限り、もともと自責思考を持ち

もっとみる
スキありがとうございます!とっても励みになります!
194

本気で成果を出したいあなたにおすすめしたいこと。

無料/期間限定特典つきのメルマガ登録はこちらから→ https://www.outward-matrix.com/entry/shin-mailmagazine

こんにちは、Shinです。

最近、通勤時間に「SUITS」という海外ドラマを見ています。

法律事務所の敏腕パートナーと新人アソシエイトが、さまざまな案件を解決していくドラマです。

もっとみる
次回もお楽しみに!
3

24年間苦しんだ鼻炎が4日で消えた。鍼灸師がゼロから教える断食の教科書(105,901字)

小学2年生から高校生になるまで、ぼくが「自宅」「学校」の次に長い時間を過ごした場所は「耳鼻科」でした。

無愛想な先生にビクビクしながら、鼻の中に耳かきのような細長い棒を入れられて、大粒の涙があふれる鼻炎治療は苦痛以外の何者でもありません。
また、薬剤の入った吸入器を鼻に10分当てると、半日くらい口の中がマズくて、食欲が失せるほど気分がゲンナリしてしまいます。

こうして耳鼻科へ約10年通った結果

もっとみる

某アフィリエイトは個人ブロガーにとって今すげーバブルだと思う

※年刊ヒトデを購入済の人は無料です

希望があったので単体でも販売していますが、基本的にそんなに大した情報じゃないのでご注意ください

以下本文

「個人ブロガーにとって」これ重要!
でも特に有る程度アクセスがある人にとってはバブル!!

ヒトデです。こんにちは

100万円とか稼いだのと、その種をあかすという事でアホ程値上げしてしまったこの年刊ヒトデですが、ありがたい事にそれでも購入してくれる人

もっとみる
俺も好きだよ
19

【彼氏を募集します】あなたのエンジョイ力を活かして、私の未来の可能性を広げませんか?

めったに出ない「恋人」の求人!≪応募受付終了≫
毎日の生活を今よりちょっとだけハッピーにしませんか?魅力ある人材を求めています。ブランクのある方も大歓迎! 

※応募多数につき、5月16日12:00を持ちまして応募を締め切らせて頂きました。

募集内容
彼氏

採用人数
1名。(採用が決まり次第募集は締め切らせて頂きます。)

対象となる方
都内近郊にお住いの25歳以上の成人男性/広い心と思いやり

もっとみる
84

『noteに彼氏の求人広告を出しました』選考結果発表

☆【彼氏を募集します】あなたのエンジョイ力を活かして、私の未来の可能性を広げませんか?
☆『Noteに彼氏の求人広告を出しました。あれから一か月・・最近どない?』さとうひよりさんにセルフインタビュー!
の続編です。

今回はオール有料記事とさせて頂きますので、私への餞(はなむけ)だと思って是非課金してください。
なにもかも置いてハワイとか行きたい気分です・・

もっとみる
18

熊本と福岡へ行ってきました!

くいしんです。7月2日から4日まで、Wasei代表の鳥井と編集部タクロコマと、普段からWaseiのお仕事でお世話になっているウェブクリエイターの石川優太さんと、今のところは、普段からWaseiのお仕事でお世話になっていない下津曲浩さんと5人で、熊本と福岡へ行っていました。

熊本にいくことになったのは、ジモコロのツアーがきっかけです。熊本であった地震の復興支援という意味合いがあったこともあり、これ

もっとみる
4

【タクロコマンガ】出張中の恋バナに気をつけよう

先週末、宮崎県小林市へ出張取材へ行った

運転しながら彼女のことを考えていた

[絵の補足]

もっとみる
6

【小山内のインターン記#1】自己紹介「新聞が今でも信頼される理由」は何?

はじめまして。

突然ですが、今年の1月からインターンとしてもとくら編集部のお手伝いしている小山内 彩希(オサナイ ミキ)と申します。

現在は、都内の大学に通う3年生ですが、出身は秋田県能代市という田舎町で、進学をきっかけに3年前上京してきました。

そんな私がなぜ、
 ・『灯台もと暮らし』でインターンをすることになったのか
 ・これからどんなことをやっていきたいのか
少し長くなりますが、お話し

もっとみる