見出し画像

オジ旅プロデュースで「流しの四元ナイト」開催していただきました!

こんばんわ!
流しの四元です。

noteの更新少しあいてしまった!!
こういうのは、あっという間に数日が過ぎ、一週間が過ぎ、気づけば1ヶ月…となってしまうので、本当に油断大敵ですね!ちゃんと書くぞー!

さて、
昨晩(6/18)に、
『流しの四元ナイト by オジ旅』
というものを六本木の豚組[しゃぶ庵]にて開催していただきました!!

(Facebookでイベントページ作ってくれるのです!)


オジ旅というのは、
「オジさんたちが、安かったり旨かったり楽しかったりする場所へ、集団で旅をする」
という、ゆるめのルールと強固な絆を持つオジさんたちの集まりです。そしてほとんどの方がブログを運営しています。
ちなみに女性もここではオジさんに含まれます。

わかりやすく正確な説明が出来ないので、
詳しくはHPをぜひ見てください!笑


そして『流しの四元ナイト by オジ旅』とは、
そのオジ旅の方たちのパーティで、
四元も流しをさせてもらう、という会でした!

オジ旅の皆さんとご一緒させていただくのは、
これで3回目だったのですが、
今回は、オジ旅イベントの勝手がわかってきたせいか
「自分も一緒にこのイベントを成功させるんだ!!」
みたいな気持ちがすごく強かったのです。
(もちろん今までも、楽しんでもらえるように頑張るぞー!という気持ちでやってましたが、雰囲気を知っていると頑張り方がわかるという感じでしょうか)

その気持ちが関係あったのか、なかったのかはわかりませんが、
参加者約50人ほどのこの会、
今までで1番盛り上がったような気がしました!!

その様子はオジ旅の皆さんが沢山ブログにまとめてくれているので、
そちらをご覧ください!


今回とても大盛況&大成功となって、感じたことは沢山あるのですが、
あえてひとつに絞ると
「この夜のために、流しとしての3年間があったんじゃないかなぁ」
ということです。

僕が歌うことによって、感動して瞳を濡らす方もいれば、
僕の伴奏で、ものすごく楽しそうに歌ってくれる方もいたり、
そして、僕が作らせてもらったオジ旅テーマソングを初披露ながらも、みんなで一緒に歌えたり。

ちょっと自画自賛が過ぎるかもしれませんが、この会は「流しという音楽のスタイルだからこそ生まれた楽しさ」みたいな瞬間が沢山あった気がします。

自分の努力や苦労がむくわれた、という意味ではなく、流しとしてやってきたことの意味がなんとなく見出せた、という感じでしょうか。

大袈裟でなく、
奇跡的な一夜だったなぁ、
と2日経った今も思います。
思い出すと淋しくなるほどの、楽しい夜だったな、と。

だから、
せっかくこんなに楽しい夜や自分の価値を感じられた夜を過ごさせていただいたのだから、
これからも頑張るぞ〜!!
という気持ちです。

オジ旅の皆さま、参加して全力で楽しんでくれた皆さま、そしておいしい料理とお酒を出してくれてかつ大騒ぎしても苦笑いで見過ごしてくれたお店の皆さまに感謝です!!

上でサラッと書きましたが、
オジ旅のテーマソングを(勝手に!)作らせてもらったので、
ちゃんとアレンジ&レコーディングしたものが出来たら、また紹介させていただきたいと思います!(6月中には!!)

presented by オジ旅イベントはまた秋頃に開催される予定ですので、
その際はぜひ参加をおすすめします!
おいしい!たのしい!うれしい!
になること、まちがいなしです!
一緒に歌いましょう!

あー、本当に最高の夜だったなぁー。


流しのスケジュールはこちら!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでみて少しでも「いいな」とか「会ってみたいな」と思ったらぜひ会いに来てください!!

ありがとうございます!褒められて伸びるタイプなのですごくうれしいです!
7

四元壯(流しの四元)

四元壯(よつもと しよう)と申します!"流し"という職業を生業としています!飲みながら聞ける生音ミュージシャンです!主に”新宿名店横丁”、金曜日は”立川呑み食べ横丁”におります!(HP→https://yotsumosandayo.amebaownd.com/

コメント2件

おつかれさまでしたー!聞いていた通り、いろいろサプライズな仕込みがありましたねー。特にオリジナルソングは、びっくり。面白くて、感動できる曲ですね。また次回も楽しみにしています!
前田さん、先日はありがとうございました!!オリジナルソング、我ながらよくできたなと思います!!笑。また次回楽しみましょう!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。