上川ゆう

声のおしごとをしております、上川ゆうです。お仕事とはまったく無関係な完全趣味の創作の場であります。遊んでってね。

【日記】犬が見てる

夏の入り口までは熱心に書いていたのだな。
こう振り返る余裕ができたのだと感じる。
何がきっかけで書かなくなってしまったのかが思い出せないのだが、また日記というか、思いついたこととか考えたことをメモしていく時間が欲しくなったので、せめてこの冬は書きたいと思う。

坂元祐二さんのドキュメンタリーを見た。
ドラマ「カルテット」には抉られながらも救われた。
何かを深く表現したければ「生活」をすることだと感

もっとみる

【日記】こども こども

ここ何週間の間、立て続けに子供の痛ましい事件が起きて、地味にダメージを受けている。全国の親をやってる方々がそうだろう。

誰かが言っていた。
あの子が生まれてからの5年間ずっと地獄にいた間、それを知らずに自分は仕事をしたり遊んだりして同じ5年を生きていた、それが悔しい、と。

あの子が生まれた5年の間に、私も人の親になった。
私が死に物狂いで過ごしたその時間、あの子はあんな風に暮らしていた。
そし

もっとみる

ぼぶラジ!の23回を編集なうです。手前味噌で申し訳ないですが、おもしろいなあ。私ら←

【日記】名を名乗るということ

日大アメフト部の一連の事件で問題の選手が、顔を出さない謝罪などないと言うことで、実名と顔を出して謝罪会見を行った。
私はこの会見で納得することができた。身を晒すから許してくれということではなく、自身をかけて謝りたいという誠心誠意の表れだったと思ったからだ。

名前と顔というのはその人間の看板である。というのは、私が勝手に信じて柱にしていることで、それを真ん中に置いて判断をして間違ったことはない。

もっとみる
ありがとう!ラッキー映画はバック・トゥ・ザ・フューチャー
5

【日記】喘息日記

喘息でした。
風邪なんかじゃなく、ちょっと数値がヤバめの喘息でした。

今思い起こせば、気管支炎だと言われたアレも、百日咳だと言われたアレも、喘息だったのではないか……?
それもこれも今ではいい思い出です。

知り合いに喘息持ちが何人かいて、その人たちが持ち歩く吸入器がかっこよくて憧れていた。
不謹慎なことを言っているのはよくわかっている。
このご時世だ、ちょっとした言動が”ナイト・オブ・ファイヤ

もっとみる
ありがとう!ラッキー映画はバック・トゥ・ザ・フューチャー
6