優まさる

57歳、男性、妻と娘がいます。日常のこと書きとめていきます。 ヘッダは、ゆぴ(@milkprincess17)さん作、アイコンは、ちびねこ(@bnkyo2450)さん作です。

犬の思い出

お前が死んだら、裏庭の木の下に埋めてやる。 父は、そんな約束を勝手にしてたけど、約束は守られなかった。 今、どのあたりを走ってるのかな。父と仲よくやってるかな。...

32

飛び出し坊やの旅

みんな、ぼくの名前を知ってるかい。 ぼくは、飛び出し坊や。 子どもたちを飛び出し事故から守ってるんだ。ほら、車がとおる道の角っこに立って、みんなに危ないよって注...

20

ウルトラの彼女

ひとは、競争するために生きているのではない。 でも、たまに競争しても悪くない。 妻はいう。 「あなたには、マラソンがよく似合う。ひとりでできるスポーツだから。」...

50

【短編小説】山の上のアイス屋さん

「おーい、ぼく。アイス買ってきてくれよ。」 ブロック積みにトタンを渡しただけの古びたバスの待合所から男の声が聞こえた。 「ぼくのことですか。」 ぼくは、道にろう...

71

一日だけの同級生

今でも、ときどき、あの子の顔を思い出す。 16歳、高校一年生のままだけど。 わたしは、田舎町の、いわゆる進学校とよばれる公立高校に通っていた。生徒の大半が、東大や...

37

流しそうめんの旅(岐阜県養老町)

人生なんて、流しそうめんのようなもんだ。ある日突然、鍋でゆでられて、竹に流される。運がよけりゃ、箸でつかんでもらえ、つかんでもらえなりゃ、川まで落ちる。人生なん...

28