妊娠生活:母乳がでてショックだった日のこと

妊婦さん用のアプリを入れていて、そこに毎日コメントが表示されるのですが「もう母乳が出る方がいるかもしれませんね」というコメントが表示されていた(妊娠8ヶ月くらいかな)
そうなんだ、と思って朝シャワーを浴びる時に試しに乳首を絞ってみた。
じわぁと透明な液体が出てきた。
え?と思って、反対側も試してみる。
やはりじわぁと透明な液体が滲み出てきた。
これが本当に母乳かどうかはわからないけど、母乳の可能性が高い。
なんだかすごくショックを受けた。
母乳に関しては、初産の人は出にくいとか、全然出なくて痛い、という情報しか持っていなかった。
だから、自分もそうなのだろう、と思っていた。
母乳は最初は出ないもの、ということでノーマークだった。
自分の体から母乳が出ることに対して、全く考えていなかったのである。(今、こうやってじわぁとでていても、赤ちゃんが産まれてから、充分な量が出るかは全然わからないのだけど)

やはりここにきても「妊婦であること」がちゃんと受け入れられていなかったんだな、と実感した。
朝から動揺しつつ、自分と同じような考えの人がいないか、ネットで検索した。
「母乳 ショック」で検索。
沢山でてきたのは「母乳が出ないこと」に対するショックの記事ばかりだった…。
母乳で育てたかったのに、母親失格だね。と自分を責めてしまう人が多いようだ。
ああ「母乳が出ること」に対して、ショックに感じる人はいないのか。
そりゃそうか。
と、私はすごく落ち込んでしまった。

なので、この記事は「母乳が出てショック」と思った人が、今後現れたときになんらかの検索に引っかかり、自分以外にもそんな考えの人がいるんだな、と見つけてもらえたら良いな、と思って書きました。

毎日大きくなるお腹と胸、色素が濃くなっていく体。
好きな服はもう着れないし、この色素は本当に元に戻るのだろうか…。
スレンダーな体型に憧れているので、大きくなった胸も、色素が濃くなった乳首もなんだかなぁ、と眺めてしまう。
妊娠している自分の体の変化が「綺麗なもの」とは思えず、鏡の前で悶々としてしまう私が、母乳が出ることを素直に受け止められるはずがないのでした。
妊娠によって体が変わるたびに、ますます「自分が自分でないものになっていく」と感じてしまっていたんですよね…。

こんな気持ちで、出産後の私の母乳はどうなってしまうのか。
赤ちゃんが私の母乳を飲もうとしている時、どんな気持ちになるんだろう。
動物っぽいなぁ、と嫌悪するのか。
かわいいなぁ、と幸せな気持ちになるのか。
うーん、想像できない…。
うまくいかなかったとしても今はミルクがあるから、まぁなんとかなるだろう、くらいの気持ちでいたいと思った。
完全母乳とか、そういった医療的根拠のないこだわりは持たず、自分に無理のないよう、育てていきたいと思った。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

基本的に全て無料で公開しているので「スキ」「サポート」頂けると大変励みになります。ひとりでも共感してもらえたら嬉しいです。

「スキ」ありがとうございます!励みになります。
1

よじ

俗にいう「日本社会が求める妊婦・母親像」から解放されて自分らしく生活する。そのために考えた事などを整理する目的で記事を書いています。少数派だからこそ、同じような悩みを感じている人がが少しでも共感・安心することで気持ちが楽になったら嬉しいです。

よじの妊娠生活

自分の妊娠生活についてまとめています。 妊娠・育児に関してネガティブなイメージが先行して悶々としていた日々を忘れたくなくて記録しています。 「子供ではなく、自分を主体とした育児」を目指したい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。