草花や星の名前を知ること。


植物が好きな祖母は、よく花の種や木の苗を買って植えていました。

私が 「これはなんの花?」 と聞くと 「◯◯っていう花だよ」 と教えてくれる。

祖母が手入れをしていた庭には季節ごとに違う花が咲いていて、毎年新しい種類の花が増えていて、私は祖母の家に遊びに行く度、庭を見るのが楽しみでした。

足元に咲いている花から、通りがかった家の外壁にそって植えられた木。

大体の植物の名前を祖母は覚えていて 「これはどう育てたらいい?」 と電話で聞くと、嬉しそうに育て方を教えてくれる、優しい祖母。

一度だけ祖母に、星の名前を聞かれたことがありました。

「明け方、東の方にひとつだけ星があるんだけど、あれはなんだろう。」

「金星じゃないかな。明けの明星とも呼ぶらしいよ。」

「そうか..ずっと気になっていたんよ。金星かあ。」

「多分、そうだと思うな。」

そう話したのは、いつだったか。

ずっと前なような、割と最近だったような。


..今日、本屋に行って植物と星の図鑑を買ってきました。

「道端にある植物の名前を知ると、不思議とその植物が目に飛び込んできて、世界の解像度が上がる」 みたいな話をどこかで目にしたことがある。本当にそうで、ちょっと外を歩けば、ホトケノザとか、ナズナとか、カキドオシ、ヘビイチゴ、ショカツサイ..と、色んな植物が目に入る。


あ、もう◯◯が咲く頃なんだなあって、季節の変化を実感する。

星もそうで、あれはオリオン、あれがスピカ、あれは北斗七星..と、見つける度に、夜空の密度が増していく。

よくよく考えてみれば、足元の草や途方もないほどある星々に名前があるの、すごいなあ。

最近知ったもので一番気に入っているのは、ケフェウス座のアイリス星雲。

アイリスの花のような、美しい青色。

「アイリス」 という言葉は「(瞳の)虹彩」という意味もあるらしいので、恐らく由来は 「虹彩」 の方だとか。

でも、夜空に咲く花とも例えられていて、私はそちらの方が好きなので、これから "アイリス星雲" に関する話を見聞きする度に、ああ、夜空に咲く青い花だ、と思うのだろうな。

作品のモチーフにしたいものでもあるので、どんな石・素材にしようか、イメージに合うものを探しながら、アイデアを温めています。

ぴったりな素材に出会えたらいいな。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

100

アオイ

アクセサリーを作っています。 Twitter:@yozora_ya HP https://r.goope.jp/yozoraya

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。