平野太一(ひらのたいち)の他己紹介

それは、イベント立ち会い帰りの夜のこと。毎週のように通っている、自由が丘「豆点」のチャーハンを食べながらふらっとツイートしたことがコトの発端でした。

そのツイートがきっかけで、僕の大尊敬している小倉ヒラクさんが「じゃ、僕のブログで問い合わせフォーム作ろうか」と提案してくれ、あれよあれよという間にこんなハッシュタグ企画がはじまりました(深夜1時)。

まぁ深夜だったし、そんなに来ないだろうなあと思って朝になったら…!思っていた以上に集まっていてびっくり 😳

・・・

正直、自分にはどんないいとこがあるのかイマイチわかっていなかったので、そんなに出ないだろうと思っていたんです(来なかったら来なかったでネタにしようと考えていた笑)。それが、こんなにたくさんの投稿が集まった。「#ヒラノくんのいいトコ」というハッシュタグを眺めていると、全部愛が詰まっていて(わざわざ投稿してくれるだけで十分うれしい)、それだけでもうお腹がいっぱいというか、うれしくてたまりません…。

一番うれしかったのは、大学時代から付き合いのあるOKBさんのことば。普段どうでもいい話ばかりしているけれど、こういうときに一番早く書いてくれて、その褒めポイントがすごく的確で、その一連のツイートをもらえただけでもう何も要らないな、って思いました。最近は、東京に来てから仲良くなった人とOKBさんをつなぎ合わせることが多くて、毎回そこ同士で仲良くなっていくので見ていてとても楽しいです。

もうひとつ印象的だったことを挙げるとしたら、noteディレクターの3人に投稿してもらったこと。一緒にはたらいている人たちに褒めてもらえるの、めちゃくちゃうれしかったです。

当然、社内ではいじられる笑。

・・・

ということで、ヒラクさんが応募フォームをつくってくれました。フォームに申し込むと、僕にメールが届く仕組みです。【※ 終了しました 】

(メイン画像は、三川さんに撮ってもらったものを使わせていただきました)

このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金で、本を読みます。 https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/356OAJ5D3MLXY

わ、ありがとうございます!
119

平野太一

平野太一の履歴書

もし自分が当時のことを振り返るときに、自分らしい記事を「履歴書」代わりにまとめています。 2018/05/11〜
1つのマガジンに含まれています