見出し画像

DJIがアクションカメラを発売

どうも、齋藤やんじぇです。
DJIが唐突にアクションカメラを出してきました。

DJI OSMO ACTION
発表と同時に発売開始という唐突なリリースでした。

スペックはというと、ほぼGopro7 blackをオマージュしたような仕様。更にフロント背面と液晶を2面マウント。インターフェースはOSMO pocket流用で操作性がよくヌルヌルフリックできる高感度ディスプレイを採用。

ブレ補正も強力で、ゴプロとの比較レビュー動画を観てみるとDJI ACTIONの方が優れていますね。色味はゴプロがいいんですが、どうにもあの歩き撮りするとピョコピョコ跳ねるのが嫌だったのでこれならありかなと。同様に魚眼の歪みが苦手なのでゴプロは使ってませんが、DJI ACTIONはOSMO pocketより広角ながらも歪みが少ない点も高評価です。

価格は45000円。無印OSMO、OSMO pocketとアプリ周りも流用できるのでDJI ACTIONを導入しようかなと検討中です。

とりあえず初期ロットは様子見でファームが熟れてきた頃に実機触ってみます。

それにしてもDJIは強い企業ですね。
ドローン本業に、片手間にジンバルカメラを出しつつアクションカメラまで進出してくるとは。
しかも初号機でシェアno1のGoproにほぼ並べてきた。

今後の展開にも注目です。

以上、齋藤やんじぇでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

やんじぇ

フリーなフリーランス。 趣味を楽しみつつ仕事に繋げていくことが楽しみ。 noteではごちゃっとした頭の中を整理しつつ、自身で学び考え試行錯誤したことを失敗談なんかも交えながら発信していければ。 カスタムカーメディア『J-AutoShow』台湾インバウンドメディア『台灣.京都』運営

やんじぇNote集

公開しているNoteをまとめたマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。