世界平和の方法についての質問に答えます

世界を平和にする方法「世の中からお金をなくす」について、たくさんの質問をいただいています。特に多い質問にお答えしたいと思います。

***

なんでも無料になったら、みんな取りたい放題、使いたい放題になって、モノが足りなくなって奪い合いの暴動が起きるのでは?

最初は興味本位で必要以上のモノを持ち帰る人がいるとは思いますが、自分に必要のないモノを持ち帰る意味がないことにすぐに気づきますので、そういう人は必要最低限のモノを感謝や敬意の気持ちで持ち帰るように変化すると思います。食べきれない食料を持って帰っても意味ないので。またモノが足りなくなったら、みんなで作ればよいと思います。地球上の資源や食料は、自分に必要以上のものを求める人や企業によって過剰に消費され、結果余らせ捨てられているのが現状です。企業は利益をあげるために、無理してモノを大量生産し、在庫まで余らせて商売をしてきましたが、お金のない世界ではもうそんな必要はありません。人々が本当に必要なモノを、最低限の資源で効率良く生産すればいいのです。

***

お金のない世界とは、物々交換の時代に戻るということ?

そうではありません。モノやサービスに数値化できる価格のような価値を設けませんので、今までのように価値100のAと、同じ価値100のBの間でしか交換取引が成立しなかった前時代的なモノの移転は行われません。欲しいモノがあれば、ただもらえばいいのです。特に何かを代わりに提供する必要はありません。ですので、もらってばかりの人も出てきます。けれども、お金のない世界ではそれでもいいのです。本人がそれでよければ。

***

暴力はなくならないのでは?

なんのための暴力でしょうか。仮に、モノや資源を奪うための暴力だとすると、モノや資源が人々が必要とする以上に存在していれば、発生しないのではないでしょうか。もし足りないのであれば、みんなで作ればよいと思います。それまでは少しみんなが我慢すればよいと思います。世界的に足りてないのに、自分勝手な私利私欲でもらってばかりの人は尊敬されません。また、どこで何が足りないのかの情報をリアルタイムで把握するシステムは必要になるかもしれません。足りない情報を検知したら、すぐに有志が集まって生産すればいいのです。

***

権力者や独裁者はいなくならないのでは?

地位や名誉を欲しがる承認欲求の強い人は、お金のない世界になってももちろん一定数いると思います。地位や名誉というよりは、感謝や尊敬を欲しがる人ですね。今までの独裁者のように、人から搾取したり、人を強制的に働かせたりする、そんなリーダーはいなくなります。そういうリーダーの元でわざわざ働く人はいないからです。どうせなら尊敬できて楽しそうで毎日笑顔のリーダーの元で、一緒に楽しく仕事したいと思うでしょうから、そんな独裁者のようなリーダーはお金のない世界ではいなくなります。

***

お金がなくなっても、人から競争心は消えないのでは?

はい、消えないと思います。人より良いモノを作ったり、人より良いサービスを生み出したり、人より早く走ったり、人より上手に歌ったり、ポジティブな競争はどんどんすべきと思います。ただし、お金のない世界では、相手を殺傷してまでの競争になることはないと思います。何に勝ち、何を得るためでしょう。資源や食料が足りないのであれば、みんなで作るか、みんなで分け合えばいいのですから。

***

お金がなくなると、生活レベルは落ちる?

自分次第です。何をもって「落ちる」というのかによりますが、落としたくないなら、生活に必要なモノやサービスをもらい続ければよいと思います。ただし、その生活レベルが、お金のない世界において、過剰だったり贅沢すぎたりすると、周りの人から奇異な目で見られるかもしれません。それでよいかも含めて自分次第です。

***

人は他人より優れていたいと思いたい動物なのでは?

人は人としての自分の役割を担いたい動物だと思います。役を担うことで、人から認められ、必要とされ、褒められたい動物だと思います。お金は、そうしたあらゆる人を一方向の物差しで測り、金額の大小で優劣をつけようとします。本来、人の数だけ物差しの数もあるべきなのです。

***

誰もやりたがらない仕事は誰がやるの?

お金のない世界では、誰もやりたがらない仕事ほど積極的にやりたがる人が増えると思います。友達同士でキャンプに行った時の最後のお片づけを想像してください。みんなで楽しんだんだから、汚れたりきつかったりする作業だけど、誰一人としてサボらずみんなでやりますよね。お金がないとそうなると思います。

***

お金がなくなると不便になるのでは?

いちいちレジで支払ったり、銀行口座の管理したり、家計簿つけたり、財布持ったり、振込とか、引き落としとか、支払期日とか、ツケ払いとか、、、お金がある方が面倒で不便かと思います。

***

まずはベーシックインカムや再分配でもよいのでは?

お金の尺度による格差や劣等感が人々から消せない限り、補助金的な救済措置の要素が強く、その場しのぎの取り組みにしかならないと思うようになりました。遠回りせずに一気にお金をなくした方が合理的かと思います。

***

労働の対価がなくなった時、頑張る意味は?

人からのありがとうではないでしょうか。

***

社会主義や共産主義との違いは?

すべて自分次第なところです。どんな仕事をしようが、どんなモノやサービスを受け取ろうが、それを選ぶのも、どう行動するのかも、すべて自分次第で自由に決められます。ある意味、資本主義より自由な世界だと思います。

***

お金がなくなったら、パニックが起こりそう

お金がなくなる前に、世界全体での事前の周知徹底が大切です。新世界の分かりやすいビジョンの提示、自由で可能性に溢れた数々のライフスタイルパターンの提案、起こりうるリスクの事前共有とリスク発生時の相談窓口の設置、世界中で何が足りていて何が足りていないのかの定点観測システム、などなど、しっかりシュミレートして検討を重ねれば、天変地異などの災害対応に比べれば、事前に検証できることが多いので、さほど難しいことではないと思います。やると決まれば数年内に実現可能かと思います。

***

婚姻制度はどうなる?

お金がない世界では、離婚した後の財産の分け方など、そうした面倒な話がなくなるので、そもそもわざわざ結婚する人が減るかもしれません。モノの所有欲が大きく減衰することになるのと同様に、人が人と契約を結んで、相手の自由を一部束縛するような考え方は古くなるかもしれません。

***

過去の歴史からすると〇〇〇〇

そもそも歴史は作られたもの。それならまた新しい歴史を作ればいいだけ。過去の歴史は参考程度に。

***

お金がなくなったら、自分は今日から何したらいい?

今の仕事が楽しいのであれば、昨日と同じように仕事に行くのがいいですね。みなさんが昨日と同じように仕事に行けば、生産されるモノの量は変わらないので、誰も不便になる人はいません。さらに、金融系の方々のお仕事はなくなりますので、その方々がモノの生産業に従事した場合、実質的な労働生産人口は増えますので、社会はより豊かになる可能性が高いです。

***

今の世界でお金を稼げない人は、お金のない世界でも活躍できずに弱者のままなのでは?

今お金を稼げてない人は、おそらく好きなことや得意なことを仕事にできていないか、そもそも稼ぐ必要のないお金を得ようとしているのかもしれません。お金のない世界では、自分のペースで、自分の好きなことや得意なことを、人のためや社会奉仕の一環として仕事にすればよいと思います。

***

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

447

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
5つのマガジンに含まれています

コメント24件

前澤社長、けんと申します。ここの記事だけあえて読まずコメントしてます(他は読んでます)僕なりの世界平和論書きますのでお時間が許す時に読んでくださいお願いします。
中々深いしnoteの使い勝手や調査兼ねて年末までに完成させます!またその時こちらにコメントを残しますのでよろしくお願いします、ではでは!
前澤社長、斬新な発想お見事です。そして、自分がこれまで考えたこともない理論に出会ってカルチャーショックを受けました。確かにそんな世の中が実現すれば争いごとはなくなるでしょうし、みんなが好きなことだけをして暮らせるようになる。
お金のない社会になると物々交換を支えた「お世話になった人にはお返しをする」というお互い様の原則が顕在化すると思います。これは直接的な個と個の間で成り立つものだから、経済のネットワークも個と個の貧弱なものになってしまう。お金の役割はいくつかあって、その一つが、いつでもどこでも誰に対しても何に対しても、交換価値として通用するということで、これがあるから経済ネットワークは世界規模にまで広がることができました。否定すべきはこんな便利なお金ではなく、資本の自己増殖運動であり、その人格化であるところの資本家(資本家と呼ばれる人々の個々人ではないです)であり資本としてのお金だと思います。前澤さんは地域通貨とか2000年代にあったNAMのような運動に興味を持つべきではないかと思います。
20代後半独身女性です。

前澤さんのおっしゃるお金のない世界を想像してみました。何がしたいか自分に問いかけると、子どもが産みたいというシンプルな答えが返ってきました。思わず涙が出ました。

自分がしたかったことはただ、沢山子どもを産んでその子たちが好きなことを見つけていけるよう家庭を築くことだったんだと気づきました。

今まで社会で奮闘してきて、それは仕事が好きだからだと自分に言い聞かせていました。だけどお金を稼ぐという願望のため騙し騙しやってたことに気づかされました。稼いで、両親を楽させてあげたい。経済力のあるいい男と結婚して、お金に不自由しない暮らしがしたい。そんな願望が子どもを産みたいという温かい母性を、いつのまにか隠していました。

お金のない社会では出生率も上がるんじゃないかと思います!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。