見出し画像

流される先に辿り着くのは…

カナダ、トロント付近に20年近くも住んでいると、ナイアガラの滝なんて、嫌というほど訪れている。

私だけではなく、遥々台湾や日本から遊びに来る家族も、何回も行ったことがあるくらいだ。(そこ以外行くところがあまりない、という事実がバレてしまうけど…笑)

なので、ナイアガラの滝は、行かなくても良いのなら、行かないところで、どこかほかに行けるところがないか、休暇になると頭をひねって考える私たち。

それが、何週間か前、コストを減らすため、オンラインで買った車の部品を取りに、ニューヨーク州のバッファローに足を運ぶことになり(国境を越えるだけで2倍以上の値段になってしまうので)、せっかくなので、アメリカ側のナイアガラの滝を見てこようということになった。

カナダ側の滝から見ると、滝の向こうにある「そこ」という感じで手が届きそうなところだけど、行ったことのあるカナディアンは本当に少ないみたい。46年もここに住んでいる夫も初めてだという。(周りのカナディアンたちに話したら、やっぱり行ったことがない、そう。)


滝自体に着くまで、道路沿いの歩道をまっすぐに行くカナダ側と違って、アメリカ側は、Goat Island という国家公園の中の散歩道を辿って行く。真夏の新緑と眩しいくらいの太陽の光、爽やかに吹くそよ風と蝉の声が響く公園の中をゆっくり、ナイアガラ川沿いにゆっくりと散歩して行く。

滝はまだか、まだかと、滝までの道が苦痛にさえ思えてくるカナダ側と違い、アメリカ側は、公園の中の歩道から見える景色が素敵すぎて、それだけでご満足!と言っても過言ではない。(もちろん、滝が一番だけどね)


だけど一つ、鳥肌がたち、冷や汗が出そうなことがある。それは、歩道からナイアガラ川に簡単にアクセスできること。柵も何もなく、あるのはただ「足元注意!」「歩道から外れないように」「水の中に入らないように」といったサインだけ… (絶句)

一旦川に落ちてしまえば、もう手遅れ。川の水の勢いは立ち向かえるレベルのものではない。そして流れてゆく先はもちろん・・・滝。



考えただけで恐ろしい…(子連れで訪れる方は、本当に要注意です!)


と、こんだけ書いて、実は今日の本題は旅行記でも、観光アドバイスでもないんです。笑

この一年、podcasts、audiobook にめっきりはまってしまっている私。溢れるくらいの刺激をもらって、今までにないくらい、いろんなことを考えさせられている。

そのうちの一つが、「(周りに)流されて生きる」ということ。

幼稚園、小学、中学、高校、大学、仕事、結婚、育児、定年、老後…

社会の大多数の人が疑問も持たずに進むこのコースを自分もまた当たり前のように進んできた。こうして、一直線に並べてみると、自分が折り返し時点を過ぎたのが一眼で分かる。

人生の半分を流されて生きてきたんだ…

「自分がやりたいから」でもなく、
「こうする目的があるから」でもなく、
「こんな目標があるから」でもなく、

「次はこのステップ」「こうするべきだから」という潜在意識に流されてきた。

愛情を込めて念入りに私を造ってくれた神様に本当に申し訳ない。

考えれば、考えるほど落ち込んでしまうけど、ここで落ち込んでは滝底まっしぐら。ここからは、podcastsやaudiobookを通して、この一年でもらった(これからももらう)いろんな人の知恵を借りて、とことん闘おうと思う。

「やらないで後悔するより、やって後悔する方がいい」という言葉に私も共感する。

もし、流される勢いに立ち向かえなかったとしても、「私は流されまいと頑張った」と胸を張って言える私でありたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

りん

【なれると思う自分になる】それは、毎日後悔なく生きる自分であったり、感謝の心を忘れない自分であったり、失敗を恐れない自分であったり、置かれた場所で美しく咲くことができる自分であったりする。そんな夢実現に向かって歩む私が日々感じるものを書き留めるちょっとした空間です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。