お仕事のご依頼について -宮崎悠のこと

はじめまして。グラフィックデザイナーの宮崎悠と申します。
現在の自分のできることや、やりたいことを中心に簡単にまとめていこうと思います。あえてできること(スキル)だけでなくて「やりたいこと」も書くのは、仕事はスキルを貢献に変えるのも大事ですが、やっぱりやりたいことをやるのが、依頼側も受ける側もハッピーだし、パフォーマンスも上がると思うのです。

ご連絡はDM、または以下のアドレスまで宜しくお願いします。

y@myzk.tokyo

経歴
1984年 東京生まれ。東京在住。幼い頃から小説や美術、音楽に幅広く興味を持つ。そのうち、たった0.1秒のコンタクトでも人の心を射つビジュアルコミュニケーションに魅了され、グラフィックデザインの道を志す。
すいどーばた美術学院で2浪の後、多摩美術大学グラフィックデザイン学科に進学。グラフィックデザイナーの佐藤晃一先生に師事する。

卒業後、都内老舗の広告会社に入社。2年目に朝日広告賞の大賞を受賞。それをきっかけに外部への繋がりも増え、対企業という枠組みではなく、個人と個人の繋がりの方が大事に感じるようになっていく。

入社5年目に独立。フリーランスのグラフィックデザイナーとなる。その半年後、301 Inc.の設立に参加、Chief Creative Offcerとして活動を始める。
しかし、組織に依存せず、全部が自分の責任であるフリーランスという働き方は昔から叶えたい夢であったので、そちらを辞めるわけではなく、会社の運営と同時に並列で複業として活動していく。
2017年には個展を開催。ここまで自分を育ててくれたグラフィックデザインへの恩返しのため、グラフィックデザインという分野の研究・開発を目的とした個人プロジェクトを展開している。

宮崎悠のできること(スキルについての話)

自分のできるスキルについて簡潔に説明します。自分の活動は大きく分けて3つです。

1.フリーランスのグラフィックデザイナー
基本的にビジュアルコミュニケーション領域のお話は全て受けられます。
「これは視覚に関係する」と思ったとしたら、それはほぼ間違いなく僕の仕事の領域です。
具体的に言えば、ロゴや名刺などのCI・VIと言われるブランディング領域や、ポスター・フライヤー・名刺・リーフレットなどのグラフィック領域。また、本や冊子などのエディトリアル領域などです。WEBサイト構築はコーディングなどをエンジニアと組んで進めることになりますが、ワイヤーフレームの構成からデザインまでの施策の提案と落とし込みは実行することができます。
得意とするのは、コンセプト立てもですが、やはりワンビジュアルでパシッと強く見せるビジュアルメイキングです。きちんとバックに理屈はあるのですが、「細かい理屈はごちゃごちゃ言われてもわかんないけど、なんかかっこいい」と思われたい仕事でも相性はいいと思います。
やはり僕の目指して来たのが「理屈を超えたスピードのビジュアルコンタクト」であるので、「強く見せたい」「絵にひっかかりが欲しい」といった際にお話をいただければ幸いです。イラストや写真も外部リソースに頼める予算がなかったら自分でやることがあります。ごくまれに、コピーも頼まれれば書くことがあります。

下記はほんの一例です(詳しくはホームページにて)↓

2.301 Inc.のCCO(Chief Creative Officer)
もう一つは、301というチームとしての活動です。
301とは、0から1を生み出すことを得意とするチームで、コンセプトメイキングから制作までを一貫して受けることができます。それが故に、事業やプロジェクトなどを「立ち上げ」をするタイミング、リニューアルなどの「テコ入れ」をするタイミングでお声がけいただくことが多いです。仕事とはまた違った自主プロジェクト(こちらのリンク先参照)も数々動かし、それによって新しいネットワークやリソースを確保し、実際に仕事として成立させるといった実績も多く作っています。

便宜上「会社」という体にはなっていますが、コアメンバーはもちろん、外部スタッフや、クライアントすらも、円卓を囲むようにフラットな関係性を構築しながらプロジェクトを進めていく、そういった「チーム」といった言い方が近しいです。
「はじめまして」の人にも分かりやすく「Inc.」を付けましたが、普段はそういった言い方も使っていません。ただの数字の「301(サンマルイチ)」です。

こちらではグラフィックデザインのみならず、コミュニケーションとして効果的であればイベントの施策やその運営、取材、編集までをやり、ブランドコンセプトやビジネススキームの設計まで提案します。やり方にこだわるというよりは、そういったベネフィットをどう設計できるかというところを考えるのに特化した、どちらかといえばデザインコンサルに近い仕事の仕方をしています。
制作のフィニッシュまでやれることを考えるならば、ビッグバジェットを持たない中小零細向けの代理店といったところでしょうか。あえてそこのマーケットに僕らがいる理由は、クライアントといわれる主体者その人の「ビジョン」と「モチベーション」に関わりたいからです。

下記は一例(ビジュアルのみでなくプロジェクトのコンセプトからやったものばかりですが、スペースの都合で割愛します。詳しくは301 HPで)↓


追記:301という会社についてはこちらにまとめました↓


3.「グラフィックデザイン」という分野の研究
フリーランスでも会社運営でも実現できなかったのがこの3つ目の「研究」です。前述の2つの働き方で実現できなかったのは、それはどちらも「仕事」の範疇であったからです。仕事である以上、どんなに自由な働き方をしていても、そこには必ずなんらかの「事情」は発生します。そういったものは一切抜きにして、純粋に「グラフィック表現とは何だろうか?」と考える場を持ちたかったのです。
ひいてはグラフィックデザインという分野に貢献したい、業界の視野を広げたいと考えているので、展示などの発表の場を持ち、プロジェクトを進めています。
下記に詳しい経緯などを書いてあるのでご一読ください↓

宮崎悠のやりたいこと

1.フリーランスのグラフィックデザイナー
フリーランスとしては、どういった仕事でも楽しめるので、こちらからの希望は実はそんなに多くはありません。来た仕事を「どう楽しめる方向にもっていこうか?」という部分に情熱をそそぎます。受注仕事であるグラフィックデザインを、そのまま楽しんでいる感じです。一見つまらなそうな難題のデザインも、難しいパズルを渡されたようでワクワクします。
そうやってモチベーションを管理することで、結果的にはクライアントも、ユーザーも、そして僕自身もハッピーになれるような仕事をしていきたいと考えています。
強いて言うなら、ミニマムな話にはなってしまうのですが、もともと自分は美術と同じくらい小説が好きで、小説家になりたかったり、バンド活動に学生生活を捧げるなど、音楽も大好きだったりします。なので音楽や小説、舞台やファッションなど、「表現」と「自由」を愛する人の手助けになれるような仕事ができたら、そんなに素晴らしいことはないと思っています。


2.301 Inc.のCCO(Chief Creative Officer)
前項で、301は会社というよりチームとして活動している。といったことを書きましたが、最近ではさらにその考えを推し進めていて、最終的には単なる「場=プラットフォーム」として開いていこうと考えています。その一環として、2019年には働く場をオフィスではなく、飲食店そのものにしてしまおうというプロジェクトも進行しています。
その場所に「やりたいこと」を持ち込んでくれば、そこにはいつも多分野のプロフェッショナルがいて、お酒や食事を飲み、テーブルを囲みながらプロジェクトを実現していく。そんなビジョンを思い描いています。
持ち込む人はクライアントであり、実行者でもある。といった状況が望ましいと感じています。全員が共犯者であり主体者であるのが理想なのです。

なので301でやりたいことは、自主的に何かやりたいと思っている人と繋がること、「こんなことやりたいんだけど、もう一歩なんかまとまらないな?」とモヤモヤ悩んでる人の手助けになることです。

あ。あと、個人的には何かプロダクトに関わる仕事もしてみたいですね。


3.「グラフィックデザイン」という分野の研究

こちらは研究なので、「こういった仕事求む」といった感じではないですが、真面目にグラフィック表現を考えているデザイナーさんなどとは繋がりたいと考えています。前記事で書いた「グラフィックデザイン氏をクライアントに見立てる」アイディアなんかも、他の人が解を出したらどんなものが出てくるだろう?とか考えますし、そういった人を集めての展示やカンファレンスなども開けると思うのです。それがひいては業界の活性化に繋がると思います。今後は、そういったコミュニティを作ることも画策しています。興味ある方はコンタクトしていただければと思いますので宜しくお願い致します。


最後に(向いていないと思うこと)

これは時々言っていますが、「単純に何かをPRしたい」など、いわゆる拡散することのみを主軸に置いた仕事においては、あまり相性はよくないと思います。あと、「既存のビジュアルをそのまま流用する」などもあげられます。上記2点とも、スキルとしてはできるのですが、根本に関わる部分にアサインしていただいた方が特徴も活かせますし、双方がハッピーになると思うのです。

───────
長くなりましたが、以上になります。最後までお読みいただきありがとうございました。色々書きましたが、何かお力になれそうなことがあればお気軽にご相談ください。
結局、何度も飲んだり遊んだりするより、一緒にプロジェクトをしてしまった方がその人のことがよく分かるし、親しくもなると思うのです。

こんな考えで仕事しています。
どうぞよろしくおねがいします。

──  CONTACT  ──

y@myzk.tokyo


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです!
7

宮崎悠 / GraphicDesigner

301 Inc. CCO / Directorとして新しい働き方やクリエイティブプラットホームを設計。 並行してフリーランスのグラフィックデザイナーとして活動。コンセプトや気分を視覚情報に翻訳・要約する。 www.y-myzk.com / www.301.jp

301

301というクリエイティブプラットフォームについての記事をまとめています。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。