#469 「書く」 【三日坊主とひとりごと】

なんだか、久しぶりに思い出したのだ。

なんの縛りもなく、自由に自分の感じたことをただただ書き散らしていた頃のこと。

わたしにとって文章を書くことは、別に「好きなこと」ではなかった。それは息を吸って吐くように、ごく当たり前の行為だったから。

でも「書く」を仕事にしてしまってからというもの、さすがにそうもいかなくなった。

技術やノウハウを意識し、クオリティを維持し続ける。

はじめのうちは、「得意なことが、仕事になった!」ことで意気揚々と(というか、必死に)、それなりに量ある仕事をこなしていたわけだけど、書けば書くほど、キーボードに向かうことがしんどくなっていった。

インタビュー相手のことばを、わたしは正確にくみとれているか。表現に齟齬はないか。

(そういえば、はじめて「書けない」状態におちいったのは、何人も連続で、相手の人生に踏み込む取材が重なった直後だった)

取材対象者、クライアント、読者を不快にさせたり、誤解を招くようなことがないか。

書いたテキストが、企業にとって何か価値になったのか。

ムダにクソ真面目な性格とも相まって、負のスパイラルは加速し、筆はどんどん重くなっていった。

今年、日常の中に「書く」ことを詰め込んでいた日々から少し離れてみている。

「書くこと」に、次はどう向き合ってみようか。

どんなに大変な想い出があっても、わたしにとって、書くことはたったひとつの光だった。 それは今も変わらないのだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださってありがとうございます!

o(^▽^)o わーい
10

大島 悠

カイシャをつくる(のを手助けする)編集パートナー「合同会社ほとりび」代表。BtoB領域の中小企業やベンチャー、スモールビジネスで“もったいない会社”をなくすためにがんばっています。/1983年生/人生のテーマはハードボイルド

三日坊主とひとりごと #401-500

大島悠のひとりごと。

コメント1件

はじめまして。
フォローさせてくださいね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。