【20190408-0412】大島悠のしごと #WeeklyReport

まずはじめに。note5周年おめでとうございます! noteができて、格段に発信するハードルが下がったと思っています。この週報もそう。サクッと書けるのでノンストレス。

2014年にnoteができたときからのユーザーとしては、「そうかーまだ5年しかたってないのか!」と。

ちなみに、最初に書いたnoteはこれでした。恥ずかしい。しかしほんと、プラットフォームの雰囲気はここ1年くらいでがらっと変わりましたね。

さて4月に入って2週間。先週は主に、手元にある企画や編集を進めていました。と同時に、現状のプランをより効果的につかってもらうため、全面的に見直しもはじめました。

月額の費用設定、どこまでの支援をその範囲でやるか。いつまでやるか。期限はあったほうがいいか。

無形サービスかつ不確定要素の多い仕事のため、基準をどこに置くかをあらためて検討中です。


TOPICS

▼4/12:「広報」に関する記事を書きました

本日4/15に開催するイベントに向け、記事を1本書きました。イベント告知ではありますが、「広報活動」についてわたし自身の考えのコア部分を盛り込んだので、よろしければご覧ください。

▶︎「採用広報のために情報発信する」それで本当にいいのだろうか
▶︎情報の“ラッピング”で満足していませんか?
▶︎小さい会社ほど活用の可能性がある「情報資産」
▶︎“自社分析”、やっていますか?

↓本日開催のイベントです!

---

その他、先々の動きがいろいろ。また順次ご報告します。


先週の一冊

Instagramで読書メモをつけています。そこから一冊ピックアップ。

いまビジネスパーソンの間で話題の、リンクアンドモチベーション 麻野耕司さんの著書。

わたしはまさにこれからチームを作ろうとしているところなので、あ、これはすぐできそう。ここは考えなきゃ、とイメージしながら読みました。

精神論一辺倒じゃないところがとてもよかった。明日から取り入れます。

法則の部分だけではなく、麻野さんが現場で向き合ってきたさまざまな体験談、リンモチさんのサービス「モチベーションクラウド」が生まれた背景などを知れたのもよかったです。

一見、無形で属人的になりがちなコンサルメニューを、いかに標準的なプロダクトにしていくか。

わたしはまだまだ個人レベルの話なので規模は全然ちがうけれど、考え方のヒントをもらいました。


-----

今週もがんばります。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださってありがとうございます!

今日、絶対いい日になる( •̀∀•́ ) ✧
5

大島 悠

#Weekly Report 2019

【2019.1〜2019.6】合同会社大島悠事務所の週報です。http://magazine-yu.com/ ※2019年7月、合同会社ほとりびに社名変更いたしました https://hotori-bi.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。