【20190513-0517】大島悠のしごと #WeeklyReport

これはフリーランス時代から……というかたぶん、その前から思っていたことですが、ものごとが動くときって、なんか急にきますよね。いろんなことがね。

せっかく起きた流れを、止めずにいきたいと思います。

TOPICS

▼5/13:連載コラムが5回まで掲載されました

昨年末にお知らせしたロフトワーク代表・林さんのコラム編集、現在も楽しく進行しております。経営の考え方について、贅沢なインプットの時間にもなっています。すてきなご縁に本当に感謝です。


▼5/14:リモートで仕事してくれてるアシスタントさん2人と会合

たまには、リアルで会うのも大事ですね。楽しかった。話してみると、無意識に自分に似た感覚の人を仲間に入れてるなーとわかります。


▼5/15:「小さな会社のための広報ことはじめ」サービスα版の提供を開始

この1年(とこれまでの10年)、さまざまな会社の方から悩みを聞いたり、課題をうかがったりしてきた中で、自分のなかでぐるぐるとめぐっていた「何か」を、一旦サービスの形にしました。

自分にできることと、いま小さな会社の経営に必要なこと。ぎゅーっと凝縮したつもりです。

必要としてくれる会社の方に届きますように。……いや、これから全力で届けます。


先週の一冊

Instagramで読書メモをつけています。そこから一冊ピックアップ。

最近、これからどうするか考える中で「そもそもカイシャって一体なんなんだろう……?」と深追いしすぎ、謎の探究心をこじらせた結果、“会社”そのものの歴史をたどる本などを探してはちょこちょこ読んでいたりします。

日本では、現在に通じる「会社」の在り方が普及してから100年ちょっとしかたっていない、という事実。歴史から学ぶことで、いろいろ考える起点が見えてきたりしますよね。

---

ちなみにこの本、ずっとお世話になっているコワーキングスペース「CONTENTZ」にて「積ん読解消会」なるステキなイベントが開催されており、そこでざざざーっと読みました。

集中できてよかったので、次も行こうかな!

-----

さて。5月も後半戦。新しい仕事がはじまったりもしていますので、今週もがんばります。


↓↓ 広報活動にお悩みの小さな会社のみなさまは、こちらへ


↓↓ 企業広報専門の編集者・ライターをお探しの方はこちらへ


このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださってありがとうございます!

o(^▽^)o わーい
6

大島 悠

#Weekly Report 2019

【2019.1〜】合同会社大島悠事務所の週報です。http://magazine-yu.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。