【20190507-0510】大島悠のしごと #WeeklyReport

連休明けはいろいろ、バタつきそうかな……と思っていたので、ちょっとゆるめにスケジュールを組んでいました。

とはいえ、ようやくお知らせできた動きも。

▲こちらは4月の活動レポートです


TOPICS

▼5/7:「トナリノ広報部」を立ち上げました

会社の活動とは別に、昨年からメンバーひとりずつに声をかけ、課題や雑談ふくめいろいろな話をし、主旨を固め、サイトをつくり、合宿をし……と、ちょっとずつ準備してきたコミュニティをリリースしました。

詳しくは4月のレポート、また「トナリノ広報部」公式サイトをぜひご覧ください。

「書き手や編集者不足で情報発信に困っている」企業の方に届いて、新しいご縁がうまれますように!

↓↓ お問い合わせはお気軽にどうぞ

ちなみにGW中にメンバーと行ったプチ合宿では、岐阜県恵那市の「庭文庫」さんのお座敷をお借りしました。ものすごく素敵な場所でした……!


▼5/8:ちょっとうれしいことがあった

まだまだ「支援パッケージ」のようなサービスの型も、何をどこまでやるか、どのくらい踏み込むかのさじ加減も、すべて一つひとつフルオーダーメイド、試行錯誤、暗中模索しながら企業の長期支援をしているので、思うようにいかず悔しい思いをすることも多々……。

実は4月、ちょっとそういう場面が多かったんですよね。

でも先週、「これは長期的に関わっているからこそ飛んできたボールだな!」と思えるやりとりがあり、また自分もそれなりに立ち回って役に立つことができ、やっと「あ、貢献できたな」と実感を得られた瞬間がありました。

もちろん“点”では意味がないから、ここから“線”、そして“面”にして成果を広げていかなきゃいけないんですけど。

なんでしょう。「走っている方向、そんなに間違ってないな」と久しぶりに思うことができました。よかった。


先週の一冊

Instagramで読書メモをつけています。そこから一冊ピックアップ。

わたしの読書メモでは、ときどき「番外編」として、企業のパンフレットやリーフレットなどが登場します。

今回紹介したのは、先月、イベントをご一緒した熊本の竹箸メーカー「ヤマチク」さんの会社案内。

これ、ちょっとすごかった。
なんと、箸(実物)付き。(ぜひ2枚目の写真をご覧ください)

別にただ無意味にお金かけてるわけじゃなくて、OEMの営業をするとき、商品の実物を見て、触ってもらうのがいちばん早いからだと。

もちろんサンプルを別で持っていってもいいかもしれないけど、こうしてパンフレットと一体化したパッケージになってると、一人ひとりに配布しやすいし、印象にも残りやすいですよね。

ちなみにポケットに入ってるリーフは、全部バラで追加削除がしやすくなってる。

美しい写真とコピーで、自社の置かれてる状況(国内唯一の竹箸工場であること、など)や強みを、ものがたり的に伝えています。

紙のパンフレットの効果を、最大限、有効活用されてるなと思いました。

「紙の手触りがイイ!」とか、そういう問題じゃないんですよね。

Webでは伝わらないことを、一つのコンパクトなパッケージにして、手渡しできることの意味。

最近、印刷物の役割をまた考えたりしていたので、とてもよい事例に触れることができ感謝です。


-----

さて、新たなコミュニティの活動もスタートしたことですし、水面下で進めていることもあるので、今週もがんばります。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださってありがとうございます!

今日、絶対いい日になる( •̀∀•́ ) ✧
5

大島 悠

カイシャをつくる(のを手助けする)編集パートナー「合同会社ほとりび」代表。BtoB領域の中小企業やベンチャー、スモールビジネスで“もったいない会社”をなくすためにがんばっています。/1983年生/人生のテーマはハードボイルド

#Weekly Report 2019

【2019.1〜2019.6】合同会社大島悠事務所の週報です。http://magazine-yu.com/ ※2019年7月、合同会社ほとりびに社名変更いたしました https://hotori-bi.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。