見出し画像

築地の珈琲店・愛養のはなし

ついさっきの話だ。3年前くらいから気になっていた築地の喫茶店・愛養にやっと行けた。

愛養は築地で働く人たちや、築地にやってくる料理人から愛され続ける珈琲店。客の好みによって焼き方を変えるトーストが有名だ。愛養という名前も魅力的。

愛養は真夜中の3:30に開く。私はそんな早朝に行けるわけもなく、今日やっと閉店ギリギリの13:30に滑り込んだ。

行く前に迷路のような築地市場で迷子になって店に電話をした。電話口で道案内をしてくださった後に「頑張ってたどり着いてください!」と励ましの声をもらった。迷惑をかけまいと(ギラギラの日差しの中)小走りで向かった。

店を開けると店主さんが「噂の子か!これで今日は安心して店じまいできるよ」と朗らかに笑ってくれた。

カウンターに座り、ミルクコーヒーとトーストを注文。

キンと冷えたコーヒーが身体にしみる。バターとジャムたっぷりの一口トーストは絶妙な焼き加減。

喫茶店にいると本当に心が落ち着く。棚に並ぶコーヒーカップやエッグスタンドを見ていると、頭の中のごちゃごちゃしたものが整理されていく気がする。

130年ほど前に日本橋で始まった愛養は、築地市場の移転に伴い業態を変えるそうだ。

珈琲店・愛養は、今年の10月6日まで。それまでに、絶対また行こう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

みなさんのサポートが励みになります。 「おいしい」の入り口を開拓すべく、精進します!

スキ、ありがとうございます:)
33

山口祐加/Yuka Yamaguchi

料理家、ライター、自炊を応援する人/日常の食を楽しく、心地よくするために普段は #今日の一汁一菜 を作り、ハレの日は小さくて強い店を開拓。おすすめの店は定期購読マガジンの「たらふく通信」へ/料理初心者に向けた自炊レッスンや週3日の自炊で食材を使い切る #週3レシピ を毎月公開中。

東京のまた行きたい店

情報の大海「東京」のごはん記録。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。