見出し画像

灰、燃滓のラストダンス

こちらに放たれる光。スポットライトみたいだ。小さな頃はバレエを習ってた。眩しくて客席は見えなかったけど、母さんが見てるって分かってた。

「ドローン、機械兵が8に戦車が1」

通信終了。相変わらず簡潔。何を企んでいるのやら。すぐ目視で確認。不吉な操り人形がモノアイを、巨大な戦車が砲塔をこちらに向ける。戦闘態勢。

嫌になっちゃう、と独りごちてマギ謹製の義足を触る。思い出から戻ってきたら、生きた観客は一人もいない。でもやってやる。
燃え尽きた灰色の義足が赤熱し鋭利なガラス細工に姿を変える。スラリとしたナイフ。瞬間、放たれたように飛び出した。

あの日、全て失った。死にかけでマギに拾われて、掃除屋をやってる、やらされてる。なぜ母さんが殺されたか、マギが私を助けたか、何も分からない。大きな何かが潜んでる。

王子様なんて待たない。これは私の物語だ。それが誰の掌の上でも。だから私は私に問う。ねぇ、綺麗に踊れてるかな。【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは次の記事のために使います 他の記事も読んでいただけると幸いです 感想・情報提供はこちらからでも↓ https://marshmallow-qa.com/medr

ありがとうございます。次も読んでいただけるよう励みます。
12

Yugaming

VR と esports / いつも心に響木アオ / KAI-YOU にて外部ライター活動中 / ご依頼は Tw の DM にて

My 逆噴射プラクティス

小説の冒頭400字でコロナを狙う、逆噴射小説大賞への投稿作品です。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。