『短編』突然に、さも跡形もなく 第1回 /全7回

「……俺さ、やめることにしたから。……え?何ってバンドに決まってんだろ」

「は?」

「……バンドやめんの」

「何言ってんだよ?お前。……は?」

「悪いな、本当に悪いと思ってるよ。……だけどな、もう俺もそろそろちゃんとしないとって思っててさ」

「……俺たちはちゃんとしてないってか?」

「いや別に、雄大(ゆうだい)のことを言ってるんじゃないよ。……なんつーか、世間的に見れば俺たちは普通じゃないだろ?」

「普通ってなんだよ」

「またそれか……」

「またって」

「とにかくさ、俺、やめるから。葛城にも俺から直接言うから。その前に、とにかくお前には先に言っておかないとって思って」

「……」

「雄大?」

俺は何も言えないまま、ただ電話の向こうからしきりに「ゆうだーい」と呼ぶ声を聞いていた。何度か繰り返された後「じゃあ切るからな」と言って電話はパタリと切れてしまった。

*********************
アマゾンKindleにて各種電子書籍を販売しています。https://furumachi.link/kindle/
その他短編小説はこちら↓
■古びた町の本屋さん
https://furumachi.link

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
7

ちいさな、ちいさな、みじかいお話。

短編小説を掲載しています。 https://furumachi.link
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。