【cinemee】「リリーのすべて」という映画

 伝記映画だから、時代背景などもあるのだけど、とにかく上品な映画だった。それこそファッションデザイナーのトム・フォードが監督をした「シングルマン」(この映画のオシャレさは異常)を少し思い出しもした。

 生活感のない部屋、シンメトリーに並んだアパルトマン、洋服……、上げるとキリがないが、そういった部分を見るのも今作の楽しみと言えるだろう。

 1926年、アイナー・ベルナーとゲルタ・ゴットライプの二人は、画家として生計を立てながら幸せな結婚生活を送っていた。肖像画家のゲルダは女性モデルが不在だったこともあり、中性的な容姿の夫に代役を頼む。
女性の格好をすることに最初は戸惑うアイナーだったが、それがきっかけとなり、自分の中に女性としての人格が存在することを、徐々に意識するようになっていく。男性の身体に女性の心という、自分の矛盾した性に葛藤するアイナーは、いつしかリリー・エルベを名乗るようになり、リリーとして過ごす時間は日に日に増えていく。
そんな夫の様子に、最初は戸惑いを隠せないゲルダだったが、少しずつリリーを受け入れていくようになるのだった。
※LUCKY NOWより転載


 忘れてはいけないのが、今作は性同一性障害を扱った映画であり、そして実話であるということ。(旦那である)リリーが書いた日記を元に、(妻である)ゲルダが本を書き起こした。それが時代を経て今映画となったのである。(そういえばシングルマンもゲイの話だった)

 そして夫婦の話でもある。

 リリー(アイナー)とゲルダはとても良き夫婦だった。ただリリーのその病気が発症してからは、ひたすらに衝突し合ってしまう。リリーになりたい(アイナー)と、(アイナー)に会いたいゲルダ。二人の思いはいつしかすれ違い、幸せな夫婦生活を少しずつ蝕んでいってしまうのであった。

 ゲルダ役のアリシア・ヴィキャンデルは見逃さない方がいい。今作でたくさんの賞を受賞し、今後に大きく期待が出来る女優です。スウェーデン女優界を大きく盛り上げるのではないかと思う。

 しかし最近のエディ・レッド・メインは病気の役が多いなー。同じくエディ・レッド・メインが主演の「博士と彼女のセオリー」を思い出したりもしました。これもいい映画です。

■古びた町の本屋さん
http://furumachi.link
 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう!
15
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。