「直感」文学 *指先の調べ*

 ピアノの音はどうしてか、僕をずっと底の方に追いやってしまう。
 それは決して悪い意味じゃない、むしろ僕が望んで落ちていっているようにも思えるのだから、不思議なもんだ。

 「どうだった?」
 僕の彼女の麻友(まゆ)はピアノが弾けて、家に大きなグランドピアノがあった。「別にうちが裕福な訳じゃないのよ。この家にはずっと昔からあるんだって。このピアノが」と彼女は言ったけど、その家の大きさを見れば、彼女の家が裕福であるかないかはなんとなく察することが出来る。彼女はおそらく、裕福層の人間だろう。

 「そんなにピアノが好きならさ、弾いてみればいいのに。結構簡単なのよ」
 と麻友は言うけれど、
 「僕はいいんだよ。弾くよりも、聴くことの方が好きだから」
 と僕は返した。そうすると決まって、
 「音楽って絶対聴くより、自分がやる方が面白いのに」と返されるのだった。

 「ねえほら、ちょっとここ座ってよ」
 と促されるけど、僕はそれを断った。僕はピアノが弾けない。弾こうと思ったこともない。僕はただその音を聞いているだけで幸せでいられたし、麻友は「自分でやった方が面白いと言うけれど、それはきっと人によるんじゃないかって思う。
 「僕はいい。ピアノは弾ける気がしないよ。それよりももう一曲何かお願いしたい」
 「えー、ずっと聴いてばっかりじゃん。私だって疲れるんだから」
 と文句を言いながらも、麻友は椅子に腰を下ろした。
 「最後だからね」
 と言いながらも、彼女の指は繊細に動き出す。ポン、という音の中に溺れる。

 だけど、一つだけは秘密にしておこう。
 僕はこの音に溺れているんじゃない。僕はその細やかな彼女の指の動きに、心奪われてしまっているのだった。

***アマゾンkIndle unlimitedなら読み放題!***
読み放題はこちらのページ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

もっと小説書くぞー!
10

古びた町の本屋さん

小説屋。すべては文字になる。https://furumachi.link

「直感」文学

「直感的」な文学作品を掲載した、ショートショート小説です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。