「直感」文学 *嵐と過ごして*

 嵐が来た。

 雨風が吹き荒れるそこを、私はただ家の中からぼんやりと眺めていた。

 窓を叩きつける雨に、時折恐怖を覚えながらも、私はそれを好奇心だと感じていたようだった。

 「ねえ、雨いつ止むのかな」

 同じ部屋にいたミノリちゃんは私にそう尋ねたけれど、

 「うーん、わかんない」

 という返答が、ミノリちゃんのその疑問を解決したとは思えなかった。

 「どうしよう、止まなかったら」

 ミノリちゃんが言葉を発したとしても、私はただ窓から外を眺めたままだった。

 「どう、……うーん、そうだね。どうしよう」

 風が窓を叩き、雨が吹き荒れる。雲は暗く沈み、たまに雷が光った。

 「まあ、それを考えてもしょうがないよね。どっちにしたって、今はただこの漫画が面白いよ」

 ミノリちゃんはそう言って、手に持った漫画に視線を戻したようだった。嵐の音の隙間で、ページを捲る音が聞こえる。

 嵐よ、止まれ。

 心の中で、何の救いにもならない願いをした。

 それでも嵐は、ただ吹き荒れるばかりだった。

*********************
アマゾンKindleで各種電子書籍の販売をしています。↓
https://furumachi.link/kindle/
その他短編小説はこちら↓
■古びた町の本屋さん
https://furumachi.link

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったー!
8

古びた町の本屋さん

小説屋。すべては文字になる。https://furumachi.link

「直感」文学

「直感的」な文学作品を掲載した、ショートショート小説です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。