「直感」文学 *家族が増えるというコト*

 妹が結婚した。

 それは僕としては純粋に喜ばしいことであるし、ただ素直に祝福したいと思う。
 
 「家族が増えるってどんな感じ?」

 昨日妹から電話でそんなことを言われた。

 僕はいつからか、あまりお互いがお互いのことを意識しなくなっていたから、突然の電話、そしてそんな内容といきなり言われても、僕は何をどう返したらいいのか分からなかった。

 その内容云々の前に、妹に対して僕がどのように接していたのか、その根本を見失ってしまっていたのだ。

 「どうって、別に、普通だよ」

 「普通?普通って何よ」

 彼女のいう通りだ。普通って、何の返答にもなっていない。

 「いや、なんて言うか、家族が増えるとか増えないとかそういうことよりも、ただお前が結婚してくれたことを嬉しく思うよ」

 少しは兄らしい返答だっただろうか。しかし彼女にはあまり響いていないようだった。
 
 「そういうことを聞いているんじゃないんだよ」

 そう言われてしまう。そしてゆっくりと電話は切れてしまった。

 妹がそう言い出す理由が分からない訳でもない。僕たちの両親はまだ僕たちが幼かった頃に離婚して、僕たちは双方の親に引き取られていった。

 だから、僕たちは家族が”減る”ことしか知らなかった。たとえ「心の中で家族」だと思っていても、今目の前にある目に見える現実の方が、強い説得力を持っていた。

 家族が増えること。それは、ただ、僕を穏やかにさせるもの。

 今の僕には、それくらいのことしか言えない。

*********************
アマゾンKindleで各種電子書籍の販売をしています。↓
https://furumachi.link/kindle/
その他短編小説はこちら↓
■古びた町の本屋さん
https://furumachi.link

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

他のマガジンもみてね!
8

古びた町の本屋さん

小説屋。すべては文字になる。https://furumachi.link

「直感」文学

「直感的」な文学作品を掲載した、ショートショート小説です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。