見出し画像

Strikinglyにチャット機能が追加されていた

ウェブ制作やウェブマーケティングなどを中心にフリーの案件にジョインすることが多いです。

特に初期サービスであったり、ミニマムサイズでパパっと5分くらいでLPを作って解像度を高めたいときに、よくStrikinglyを使っています。

Strikinglyとは?

「むちゃくちゃ簡単にイケてるHPを作れるサービス」です。Wixとかの次元をはるかに超えて「簡単」であり「イケてる」ので、もし知らない方がいればぜひチェックしてみてください。

枠組みはStrikingly、写真コンテンツはunsplashで、アイディアさえあれば10分程度でサービスの簡単なLPは作れてしまいます。そしてなにより、無料かつ編集を共有できるのが個人的にはお気に入りです。

Strikinglyにチャット機能が追加されていた。

まあ今回伝えたいことの一番はここです。

こんな感じで、Strikinglyから作れるテンプレートに「チャット」がDriftという外部アプリケーションと接続することで利用できるようになっています。

以前からECカートや決済、外部SNSとの連携なども手軽にできていましたが、チャットまでボタン一つレベルで実装できるようになっていました。

恐らく、将来的にウェブサイトはStrikinglyのような、直観的操作だけでウェブサイトやアプリケーションを作ることが可能になってしまうでしょう。

個人的には、せっかくHTML/CSS/PHPなどの経験を積んでいるところなのに、、、とも思いますが、より便利になることはウェルカムです。

もし気になる方は、以下よりものの10分程度でウェブサイトを作れるようになりますのでチェックしてみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Yuhei

早稲田大学社会科学部卒。香川県高松市出身。学生時代に、飲食店オーナーを経験しました。元戦略コンサルティング会社の新規事業部長。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。