「保育園を、つくろう」プロジェクトの反響と、これからのこと、そして仲間募集

いやぁ…勢いって大事ですね。
ほんとに高まった勢いで、完全なるエモドリブンで「保育園をつくるぞーうおー」的な宣言をしたわけですが、たくさんの方に応援の声をいただきました。

「なんか面白そうだし手伝うよー」という声から「保育士資格ある」「保育園運営経験がある」「ここ見学するといい」「この制度使ったら?」「この人会ってみて」果ては「土地あるかも」などなど…なんかもうコメント欄でもダイレクトメッセージでも本当に色んなありがたいお声がけをいただきまして…「あ、これは本当にできそう」という気になりました。まだ何も決まってないですけど。勢い大事。ありがとうございます。

上記のような実務上のサポートのお申し出以外にも、そもそもの運営形態や目的を考えるうえで、確かになーと思うコメントもたくさんあった。

保育園の形態もそうだし、目的によっては認可の保育園以外の場になるかもしれないし、保育園だけで全部の機能を担わなくても地域のハブとしてコミュニティを作っていくのでも良いし…と、参考になりました。

会社から帰ってからツマに「そもそも認可で作ったら、うちの子入れるかどうかわからんよ?」といわれ「あっ、そうか…」となったぐらいのお気楽ぶりなのですが、ムスメ自身の保育のことは考える一方で、これだけ多くの声が集まったので、もう少し大きな視点で、今の自分たちにできて、より困っている人に届く形で検討していければと思います。

認可だと助成が入るから利用者の経済負担考えると安くなっていいけど、それだと結局今まで入れなかった特殊な事情の人たちに提供できないかもしれない。逆に無認可でやったら柔軟に運営できるけど、基本経営は大変そうだし利用者負担も高くなるから、そこにどう経済上のイノベーションを起こせるかみたいな課題になる。

なので、最後の出口となるモデルはしっかり吟味しなきゃなんだけど、だとしたらなおのことコンセプトの練り込みが大事です。目的がはっきりしないと適切な手段を選べない。正しい問いと目的を立てるためには一定のインプットも必要。

…ということで、初期はご紹介いただいた園の見学や先輩方へのヒアリングを重ねながら、経験豊富な人に運営モデルやノウハウについて教えてもらうなどしてインプットを重ねつつ、並行してコアメンバー(まだひとりだけど)で何度かワークショップなどしてコンセプトを固めていく、みたいなプロセスになるのかなぁと。

はい、ということで仲間募集です。

こういうのひとりでやると絶対死ぬので…w日本トップランカーのヒモ力を活かしてみなさんのお力を早期からお借りしたい所存

まずは、Facebookかslackかなにかで、プロジェクトの過程を共有しつつ、みんなが自分のリソースやアイデアをやんややんや投げ込める勝手連的グループをつくります。

基本的にはゆるーく繋がって、みなさんも無責任に好き勝手に関わっていただく形をベースにします。

一方で、企画が進んでいく上で、色々と専門スキルが必要になる場面も出てくると思うので、案件やご負担にお支払いをしてお仕事をお願いするコアメンバーや単発委託の枠も出てくるかと思います。

全体のプロジェクトマネジメントとか(これは僕以外のもっとしっかりした人が必要…切に…!)、コンセプトづくりのためのワークショップとか、各種写真・画像素材の作成・編集とか、ファンディングとか、メディア発信とか。みんな助けてー!

以下のGoogleフォームでご自分の特技とか連絡先を書いて提出できるようになっていますので、ぜひぜひご参加ください。最初はゆるっと勝手連グループにみなさん招待します。プロマネは早期に見つけるw

申し込みフォームはこちら

それから、フレンドファンディングアプリ「polca」で、活動資金のご支援の呼びかけです。保育園立ち上げにかかる本格的な大規模ファンディングではなく、関わってくれるスタッフへのお支払いや、初期段階でのインプット(取材・見学の交通費や、書籍等の資料代)のための経費など、プロジェクトを本格的に軌道に乗せるための初期活動実費のご支援と思ってください。

支援してくださった方には、活動報告や、何か関連したイベント・ワークショップをするときに優先ご招待などできればと思います。

polcaでの活動資金支援はこちら

polcaは、ウェブではなくアプリ限定のサービスですが、一度ダウンロードしたあとはほんとに感覚的にサクサク操作して支援いただけるようになっていますので、ぜひサポートお願いします。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたご支援は、執筆活動における活動資金(書籍などの資料代、取材・見学交通費など)として使わせていただきます。

25

Yuhei Suzuki

保育園をつくろう

働き方は「選べる」のに、保育園は「選べない」 それってどうなんだろう? 既存の制度の網の目からこぼれる人たちを救えるような、手触り感のあるオルタナティブをつくりたい。 #保育園をつくろう プロジェクトは、ムスメが生まれて保活に直面した新米パパとその仲間たちが、わが子と家...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。