承認の仕方

傾聴をしている最中に相手を認め、承認するプロセスは非常に重要です。しかし、承認の仕方は?と聞かれると違和感を感じざるを得ません。承認はどのタイミングでするのが良いと思いますか?長年のカウンセリングの経験上、承認はカウンセリングの前にするもののような感覚があります。
子供を産んで育てるときに子供のスペックのようなものを気にして、子どもを承認するということは無いと思います。生まれてくる前から、、会話をする前から、、承認しているのではないでしょうか?傾聴をすると決まった時点で相手の方をまるごと承認して始めるのが傾聴であると言えそうです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

主に高校生の保護者が子どもの気持ちを理解するための傾聴について

傾聴

不登校の子どもの気持ちを知る傾聴とは

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。