"夢"に向かって挑戦することは、慣れないこともあり、緊張することもあり、落ち着かないことや、安定を破ることと、常に隣り合わせです。(Day94)

夢を追いかける怖さ


私たちの心は、いつでも素直です。
どんな時でも私たちに向かって、
感じたことを伝えています。

何かに集中していたいときも、
落ち着いていたいときも、
決して心を黙らせることはできません。

たとえ私たちがその心の声を
聞かなかったふりをしても、

心は世界や人生や、
不安や希望について声を上げ続けます。


私たちには心の自由が
与えられているからこそ
心からは決して逃げることはできません。

しかし、ちゃんと真正面から向き合って
いつでも心に寄り添って声を聞いていれば、

微妙な変化や、
隠している本音に気づくことができ、
急に壊れてしまうようなこともありません。

私たちは、自分の心と、
1番いい距離感で向き合うことができるのです。


私たちの心にとって
嫌なことや、避けたいこと、
逃げたいこと、ごまかしたいことなど、
後ろ向きな気持ちはたくさんあります。

その中でも本当に怖れていることは、
『夢を追いかける』ということです。


夢を追いかければ、私たちは必ず
「自分はそれに値しない…」とか、
「達成できないんじゃないか…」とか、
夢がいつまでも夢のままで、

この先ずっと叶うことがないということを
確かめたくない気持ちに
押しつぶされそうになります。


私たちの心は、傷つくことを怖れています。
確かに、傷つくことを怖れることは、
実際に傷つくことよりも辛いことです。

見えない雲のような
カタチのない不安に襲われながら
長い間苦しまなければならず、

たとえ小さな負担でも、
「夢は叶わないかもしれない」と
思い続けることで
私たちの心はすぐに霞んでしまうからです。


私たちの心は"好き"よりも"不安"のほうに
簡単に支配されてしまいます。

将来への不安や、自分の価値のなさ、
自分が替えのきく存在なのかもしれない
という疑惑に、
すぐに飲み込まれてしまいます。

だからこそ心が抱える、
そんな不安の声を聞いてあげましょう。

そして不安の声を聞いて
それに応える方法は、
あなたが目をそらしていた夢に向かって
実際に挑戦してみることです。


挑戦とは
『いつもと違う自分を見つけること』
です。

できないことに臆することなく挑んだり、
必ずしも勇敢である必要はありません。

新しいことや、新しい目線を学んだり、
時には自分にとって価値のなかった世界に
飛び込んでみたり、

一見なんでもない
子育てや掃除や料理かもしれないし
縁がないと思っていた畑仕事かもしれません。


その中でも特に
"夢"に向かって挑戦することは、
慣れないこともあり、緊張することもあり、
落ち着かないことや、安定を破ることと、
常に隣り合わせです。

"夢"に向かって挑戦することで、
全て未知のものや、新しい出会いがあり、
いつもと違う自分を見つけることができます。


その自分を恥ずかしがらず
積極的に受け入れることで、
結果、自分が安心できる居場所が
徐々にひろがっていきます。

今、目の前のことにきちんと向き合い
ひとつひとつのあなたの選ぶ道の積み重ねが

夢に向かうという恐怖を乗り越えるための
着実な一歩になります。


あなたの心の声を、
あなたの背中を押すチカラに変えて
夢を追い続けましょう。


今日もあなたが夢に向かって挑戦するなかで
新しい自分と出会える、
そんな一日になりますよう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます🌱🌱
27
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。