今の自分に見える世界で、自分の立っている場所で、自分にできることだけを精一杯やってみましょう。(Day94)

私たちはたった1つの小さなことしかできない。

みんなが得意なことが、
私にとって難しくて。

みんなが何とも思わない平坦な道が、
私にとって一段一段登る階段のようで。

みんなが風を受けて軽快に走る道が、
私にとって足を取られて前に進めない
ぬかるみのようで。

みんなの思う
『当たり前』の溢れた社会に、

うまく適応できなくて
困っている人がいます。



人間関係が苦手だったり、
会話についていくのに時間がかかったり、

それでもなんとか頑張って
生き延びてきたからこそ、

これから先もずっと、
出会うもの全てにぶつかって、
何度も何度も砕け続けないといけない。

そんな将来に
不安を抱えている人がいます。



技術もあって、キャリアもあって、
物事は論理的に考えることができても、

何のためにどうやって
生きていけばいいのかと
本気で悩んでいるのに、

あなたは孤独でも
生きていけるだろうと思われて、
寂しい思いをしている人がいます。



みんながみんなのことを
『できて当たり前』の目線で見るけれど、

私たちそれぞれにとっての得意や
適応できる範囲は、
本当はとても狭くて限られているのです。


苦手な面が1つ見えただけで
できないと言われたり、

たった一度のミスだなんて
自分ではわかっていても、

人はその足りない一点を指差して
話題にします。


逆に人として完全でなくても
一点だけ抜きん出ればすごいと言われ、

言われる本人が
1番自分の小ささを知っていて
自分の力の足りなさやギャップを感じます。


だからこそ、
人に言われたことではなく
自分ができることだけをやりましょう。

人の目を気にするのではなく
自分の光る場所を深く掘って、
心が踊るところを追い続けましょう。

私たちは器用じゃないから、
むしろそれしかできなくて、
それでいいんです。


みんなの思う『当たり前』の溢れた社会に
うまく適応できなくても、

何度も砕け続けないといけない将来に
不安を抱えていても、

孤独でも生きていけるだろうと思われながら
寂しい思いをしていても、


誰しもがそんなに広く
世界を見ることができるわけではないから

今の自分に見える世界で
自分の立っている場所で、

自分にできることだけを
精一杯やってみましょう。

今日もあなたが、あなたのできる精一杯を
追い求められる一日てありますように。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

いいねありがとうございます🌱🌱
28
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。