【思い込みの力】わかった気になることが大事(Day81)

・わかった気になってるだけ?

プロジェクターを使ってスライドを写しながら、身振り手振りを交えて、饒舌なスピーチとトークスキルで、人々を納得させる。

プレゼンは、プロセスや計画を人に伝えるための手段としてとても効果的です。
そんなプレゼンは、もちろんわかりやすい方がいいのですが、、、

実は、プレゼンの極意は「上手く要点をまとめること」よりも、聞き手に『わかった気になってもらう』ことが大切なんです。

本来、物事を証明するには、理由を一つ一つ説明して納得してもらうことが必要です。しかし、プレゼンにおいては、理由を確かめる過程はそれほど重要ではありません。たいていはテンポよく進むため、聞き手が情報を精査することなく飲み込むことで、結果的にプロジェクトは順調に進んでいきます。

つまり、私達の周りには
『わかった気になっている』だけで、実はよくわからずに素通りしていることが多い。
そして、
それでも何不自由なく物事は進んでいく。
ということです。

・『わかった気になること』=信じること

信じる。
と言うと、なんだかキラキラしていて、少年漫画みたいで、どちらかというと非現実的で、少しバカにする人もいるかもしれません。

しかし、私達の身の回りには、理由は知らないけど案外疑問に思わずにいる、つまり『信じている』ことは多いのです。

例えば、あなたはあなたの誕生日を知っていますが、それが本当かどうか、あなたの目で確かめたことはありません。

また、論理的に証明されているはずの"科学"だって、本質的には不確定な公理の上に成り立っています。

ですが、誕生日でも科学でも、不確定でも信じることさえできれば、よくわからないプレゼンを鵜呑みにしてしまうように、私達の力にして前に進んでいくことができます。

・あなたの人生に、『信じる力』を。

私達は、人生の学者ではありません。生まれてからこの身体が土に帰るまでの全ての時間を、矛盾がないか、例外がないか、いちいち隅々まで確かめる必要はありません。

だから今日からは、たとえ不確定であっても、『新しい自分』を信じてみませんか?

今は何もできないかもしれない。でも、確実な一歩を積み重ねれば、絶対に何か成し遂げられるんだ。
将来が不安に感じるかもしれない。でも、最後まであきらめないから絶対に大丈夫。
ただの凡人かもしれない。でも、私だけが私のために頑張れる、特別な存在だ。

そしてもう1つ、必ず信じてほしいことがあります。
それは、あなたは幸せになるために生まれて来たということです。

あなたの世界は、信じる力で、少しずつ前へ進んでいきます。
理由はいらないけれど、『信じる力』があなたの人生を、より良くしてくれるはずです。

今日もあなたが、
このよくわからない人生を
わかった気になって
幸せに前向きに過ごせますように。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます🌱🌱
37
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。